追悼の森
安部 公房さん死去

芥川賞作家
安部 公房 さん死去

1993年(平成5年)1月22日 死去 享年68歳

安部公房写真 

芥川賞作家 安部 公房 さん死去

芥川賞作家 安部 公房(あべ こうぼう)さんが1993年(平成5年)1月22日午前7時1分、急性心不全のため東京都多摩市の日本医科大学多摩永山病院で死去した。68歳だった。

昨年12月25日深夜、執筆中に脳内出血で倒れ緊急入院。その後、一時退院し自宅療養を続けていたが症状が悪化、1月20日に再入院していた。

1951年「壁 - S・カルマ氏の犯罪」で芥川賞を受賞した。

作品は海外でも高く評価され、晩年はノーベル文学賞の候補と目された。

人物 / 略歴

安部 公房(あべ こうぼう、1924年(大正13年)3月7日 ~ 1993年(平成5年)1月22日)

東京府北豊島郡滝野川町(現:東京都北区滝野川)生まれ(本籍地は北海道旭川市)。

少年期を満州で過ごす。

◆ 略 歴

1940年、満洲の旧制奉天第二中学校卒業。

帰国後、旧制成城高等学校(現・成城大学)を経て、1948年(昭和23年)東大医学部を卒業するが、医師国家試験は受験しなかった。

1951年、短編「壁 - S・カルマ氏の犯罪」が発表され、1951年上半期の第25回芥川賞を受賞した。

1962年(昭和37年)に発表した『砂の女』は、世界30カ国語に翻訳され、安部の名声は国際的なものになった。

特記事項

安部の評価は特に共産主義圏の東欧で高く、西欧を中心に高評価を得ていた三島由紀夫と対照的とされた。

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
安部公房 夫人/安部公房 山口果林/公然の秘密 安部公房/山口果林と安部公房/安部公房 安部真知/安部公房 夫人 死因/安部公房 作品/安部公房 友達/安部公房 真知/安部公房 砂の女/安部公房 プロフィール/安部公房 略歴/安部公房 死去/安部公房 訃報/安部公房 腹上死/安部公房 砂の女/安部公房 ノーベル/安部公房 棒/安部公房 密会/安部公房全集/安部公房 箱男/安部公房 壁