追悼の森
司馬 遼太郎さん死去

作家 司馬 遼太郎 さん死去

1996年(平成8年)2月12日 死去 享年72歳

司馬遼太郎写真 

作家 司馬 遼太郎 さん死去

直木賞作家の司馬 遼太郎(しば りょうたろう)さんが1996年(平成8年)2月12日午後8時50分、腹部大動脈瘤破裂のため大阪市中央区の国立大阪病院(現:国立病院機構大阪医療センター)で死去した。72歳だった。

10日深夜に吐血して倒れ、救急搬送されていた。

1960年(昭和35年)産経新聞社記者として在職中に『梟の城』で直木賞を受賞。

『街道をゆく』をはじめとする多数のエッセイなどでも活発な文明批評を行った。

人物 / 略歴

司馬 遼太郎(しば りょうたろう、1923年(大正12年)8月7日 ~ 1996年(平成8年)2月12日)

大阪府大阪市生まれ。本名は福田 定一(ふくだ ていいち)。

◆ 略 歴

1930年(昭和5年)、大阪市難波塩草尋常小学校(現:大阪市立塩草小学校)。私立上宮中学校。旧制大阪高校を経て、旧制大阪外国語学校(大阪大学外国語学部)蒙古語学科に入学。

1948年、産経新聞社に入社、京都支局に入る。

1956年(昭和31年)5月、「ペルシャの幻術師」が第8回講談倶楽部賞に応募、海音寺潮五郎の絶賛を受け同賞を受賞し出世作となる。

1960年(昭和35年)、『梟の城』で第42回直木賞を受賞し、翌年に産経新聞社を退職し、作家生活に入る。

特記事項

◆ 司馬遼太郎 / 受賞歴

◆ 1956年 - 「ペルシャの幻術師」で第8回講談倶楽部賞

◆ 1960年 - 『梟の城』で第42回直木賞

◆ 1966年 - 『国盗り物語』『竜馬がゆく』で第14回菊池寛賞

◆ 1967年 - 大阪芸術賞、『殉死』で毎日芸術賞

◆ 1968年 - 『歴史を紀行する』で第30回文藝春秋読者賞

◆ 1970年 - 『世に棲む日日』で第6回吉川英治文学賞

◆ 1976年 - 第32回日本芸術院賞恩賜賞文芸部門

◆ 1981年 - 『ひとびとの跫音』で第33回読売文学賞小説賞

◆ 1982年 - 朝日賞

◆ 1984年 - 『街道をゆく 南蛮のみち』で第16回日本文学大賞学芸部門

◆ 1985年 - NHK放送文化賞

◆ 1986年 - 『ロシアについて』で第38回読売文学賞随筆紀行賞

◆ 1988年 - 第14回明治村賞、『韃靼疾風録』で第15回大佛次郎賞

◆ 1991年 - 文化功労者選出

◆ 1993年 - 文化勲章受章

◆ 1996年 - 東大阪市名誉市民、第1回井原西鶴賞、従三位・銀杯一組を没時追賜

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
司馬遼太郎 ランキング/司馬遼太郎 作品/司馬遼太郎 宮崎駿/司馬遼太郎 殉死/司馬遼太郎 韓国/司馬遼太郎全集/司馬遼太郎 播磨灘物語/街道をゆく 司馬遼太郎/司馬遼太郎 21世紀に生きる君たちへ/峠 司馬遼太郎/司馬遼太郎 プロフィール/司馬遼太郎 略歴/司馬遼太郎 死去/司馬遼太郎 野球選手