追悼の森
池波 正太郎さん死去

作家 池波 正太郎 さん死去

1990年(平成2年)5月3日 死去 享年67歳

池波正太郎写真 

作家 池波正太郎 さん死去

「鬼平犯科帳」など戦後を代表する時代小説家の 池波 正太郎(いけなみ しょうたろう)さんが 1990年(平成2年)5月3日午前3時、急性白血病のため東京都千代田区の三井記念病院で死去した。67歳だった。

「鬼平犯科帳」や「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安」「真田太平記」など、戦国、江戸時代を舞台にした時代小説を次々に発表する傍ら、美食家、映画評論家としても著名であった。

1960年(昭和35年)に「オール讀物」6月号に発表した「錯乱」によって第43回直木賞を受賞した。

人物 / 略歴

池波 正太郎(いけなみ しょうたろう、1923年(大正12年)1月25日 ~ 1990年(平成2年)5月3日)

東京市浅草区聖天町(現:東京都台東区浅草7丁目)に生まれる。

◆ 略 歴

1935年、 西町小学校を卒業後、家庭の事情により奉公に出た。

敗戦後の1946年、東京都職員となり下谷区役所に勤務。この年に創設された読売新聞演劇文化賞に向けて、戯曲「雪晴れ」を執筆。同作品は入選第四位となり、新協劇団で上演された。

1948年、長谷川伸を訪問。翌年より本格的に劇作を師事し、門下の批評会「二十六日会」にも参加した。

新国劇の座付作者といわれるほどにこの劇団と関係を深めた正太郎は、辰巳柳太郎・島田正吾らに『檻の中』(1952年)、『渡辺華山』(1953年)などを提供する一方で、長谷川のつよい勧めによって小説でも、新鷹会の雑誌「大衆文芸」に『厨房にて』(1954年)などの作品を発表した。

『牧野富太郎』、井上靖原作『風林火山』、『黒雲谷』、『賊将』など、新国劇で作品をつぎつぎと上演する一方、「大衆文芸」誌に定期的に小説を寄せつづけた。

1960年、「オール讀物」6月号に発表した『錯乱』によって直木賞を受賞。

◆ 晩 年

1984年には「鬼平」「剣客」のほか『乳房』を新連載。

1989年、正太郎の体調は依然芳しくなかった。3月、急性白血病で三井記念病院に緊急入院、5月3日に同病院にて逝去。67歳であった。

特記事項

没後、勲三等瑞宝章を受章。

1998年11月、長野県上田市に「池波正太郎真田太平記館」が開館した。

◆ 池波正太郎 / 受賞歴

◇ 1955年 『太鼓』で第2回新鷹会賞奨励賞

◇ 1960年 『錯乱』で第43回直木賞

◇ 1972年 - 『殺しの四人』で第5回小説現代ゴールデン読者賞

◇ 1973年 - 『仕掛針』で第7回小説現代ゴールデン読者賞

◇ 1977年 - 『市松小僧の女』で第6回大谷竹次郎賞

◇ 1977年 - 『池波正太郎作品集』で第11回吉川英治文学賞

◇ 1986年 - 紫綬褒章

◇ 1988年 - 第36回菊池寛賞

◆ 池波正太郎 / 主な作品(1980年以降)

◇ 剣客商売十番斬り 1980.9

◇ 黒白 剣客商売番外編 1983.2

◇ 波紋 1983.11

◇ 暗殺者 1985.1

◇ 剣客商売二十番斬り 1987.10

◇ ないしよないしよ 剣客商売番外編 1988.9

◇ 浮沈 1989.10

◇ 剣客商売庖丁ごよみ 1991.4

◇ 剣客商売全集 新潮社 1992.5

◇ 梅安乱れ雲 1983.5

◇ 梅安料理ごよみ 1984.5

◇ 梅安影法師 1987.5

◇ 梅安冬時雨 1990.6

◇ 夜明けの星 毎日新聞社 1980.12 のち文春文庫

◇ 男の系譜 立風書房 1982.8 のち新潮文庫

◇ 雲ながれゆく 文藝春秋 1983.11 のち文庫

◇ 乳房 文藝春秋 1984.11 のち文庫

◇ あほうがらす 1985.3 (新潮文庫)

◇ まんぞくまんぞく 新潮社 1986.4 のち文庫

◇ 秘伝の声 新潮社 1986.10 のち文庫

◇ 秘密 文藝春秋 1987.1 のち文庫

◇ 原っぱ 新潮社 1988.4 のち文庫

◇ あばれ狼 1989.2 (新潮文庫)

◇ 谷中・首ふり坂 1990.2 (新潮文庫)

◇ 熊田十兵衛の仇討ち 双葉社 1996.6 のち文庫

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
池波正太郎 池波志乃/池波正太郎 作品/池波正太郎の江戸料理帳/池波正太郎 子供/池波正太郎 グルメ/池波正太郎 ランキング/池波正太郎 剣客商売/池波正太郎 男/松屋 池波正太郎/池波正太郎の江戸料理帳 BSフジ/池波正太郎の美食を歩く/池波正太郎 鬼平犯科帳/池波正太郎 夫人/池波正太郎 日曜日の万年筆/池波正太郎 自宅/池波正太郎 プロフィール/池波正太郎 略歴/池波正太郎 死去