追悼の森
石橋 湛山さん死去

元首相 石橋 湛山 さん死去

1973年(昭和48年)4月25日 死去 享年88歳

石橋湛山元首相写真 

石橋湛山 元首相死去

石橋 湛山(いしばし たんざん)元首相が1973年(昭和48年)4月25日 死去した。88歳だった。

1956年(昭和31年)12月23日、保守合同後、初の自民党総裁選を制して内閣総理大臣に指名されるが、在任2ケ月弱で脳梗塞を発症して退陣に追い込まれた。

首相在任期間は65日で、日本国憲法下において、国会で一度も演説や答弁をしないまま退任した唯一の首相となった。

後任の首相には岸信介が任命された。

人物 / 略歴

石橋 湛山(いしばし たんざん、1884年(明治17年)9月25日 ~ 1973年〈昭和48年〉4月25日)

政治家、教育者(立正大学学長)。

位階は従二位。勲等は勲一等。

◆ 略 歴

日蓮宗僧侶 杉田湛誓と、きん夫妻の長男、省三(せいぞう)として生まれる。

石橋家は日蓮宗承教寺の有力な檀家であった。故あって母方の石橋姓を名乗った。

甲府市立稲門尋常小学校、山梨県立第一中学校を経て、早稲田大学高等予科の編入試験を受けて合格して9月に入学する。

1946年(昭和21年)に日本自由党から総選挙に出馬して落選するものの、第1次吉田内閣の大蔵大臣として入閣する。

1947年(昭和22年)に第23回衆議院議員総選挙で静岡2区(中選挙区)から当選したが、公職追放令によりGHQによって公職追放された。

大蔵大臣(第50代)、通商産業大臣(第12・13・14代)、内閣総理大臣(第55代)、郵政大臣(第9代)などを歴任した。

特記事項

退陣後、幸い脳梗塞の症状は軽く、若干の後遺症は残ったものの石橋はまもなく政治活動を再開するまでに回復した。

早稲田大学から名誉法学博士(Doctor of Laws)を贈られている。

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
石橋湛山 小日本主義/その時歴史が動いた 石橋湛山/戦う石橋湛山/石橋湛山 著作/石橋湛山記念館/石橋湛山内閣/石橋湛山の思想/石橋湛山平和賞/NHK 石橋湛山/石橋湛山記念講堂/石橋湛山 プロフィール/石橋湛山 略歴/石橋湛山 死去/いしばし たんざん/石橋 たんざん/石橋湛山論/石橋湛山 一切を棄つるの覚悟/石橋湛山 出身/石橋湛山 出身地/石橋湛山 植民地放棄論/石橋湛山 家族/石橋湛山 植民地/石橋湛山 小日本主義/空想も現実も共に現実也 石橋湛山