追悼の森
檀 一雄さん死去

作家 檀 一雄 さん死去

1976年(昭和51年)1月2日 死去 享年63歳

檀一雄写真 

作家 檀一雄 さん死去

作家の 檀 一雄(だん かずお)さんが1976年(昭和51年)1月2日、悪性肺がんのため福岡県福岡市の九州大学病院で死去した。63歳だった。

1951年に『長恨歌』、『真説石川五右衛門』の2作で直木賞を受賞。

入院後、病床で口述筆記により『火宅の人』を再開し、最終章「キリギリス」を完成させ、遺作となった。

人物 / 略歴

檀 一雄(だん かずお、1912年(明治45年)2月3日 ~ 1976年(昭和51年)1月2日)

山梨県都留市生まれ。

◆ 略 歴

1932年、東京帝国大学経済学部に入学。

1933年、同人誌『新人』を創刊し、処女作「此家の性格」を発表。

1951年、「長恨歌」「真説石川五右衛門」の2作にて直木賞を受賞。

1961年、「火宅の人」の最初の一編である「微笑」が文芸誌『新潮』に発表され、その後連作として各誌に発表された。

「最後の無頼派」作家・文士ともいわれた。

特記事項

女優の檀ふみは長女。

エッセイストの檀太郎は長男。

◆ 檀一雄 / 主な作品

◆ 『夕張胡亭塾景観』

◆ 『花筐』

◆ 『天明』

◆ 『リツ子・その愛』

◆ 『リツ子・その死』

◆ 『真説石川五右衛門』

◆ 『長恨歌』

◆ 『ペンギン記』

◆ 『誕生』

◆ 『夕日と拳銃』

◆ 『火宅の人』

◆ 『檀流クッキング』文庫版

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
檀一雄 家族/檀一雄 火宅の人/檀一雄全集/檀一雄 レシピ/檀一雄遺作/檀一雄 ポルトガル/檀一雄 料理/檀一雄 長男/作家檀一雄/檀一雄の遺作/檀一雄 プロフィール/檀一雄 略歴/檀一雄 死去/檀一雄 訃報/檀一雄 花筐/檀一雄 能古島/檀一雄 の人/檀一雄 神保町/太宰治 檀一雄/高倉健 檀一雄