追悼の森
谷崎 潤一郎さん死去

作家 谷崎 潤一郎 さん死去

1965年(昭和40年)7月30日 死去 享年79歳

谷崎潤一郎写真 

作家 谷崎潤一郎 さん死去

作家の 谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう)さんが1965年(昭和40年)7月30日、腎不全に伴う心不全のため神奈川県湯河原町の湘碧山房で死去した。79歳だった。

終生、旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

近代日本文学を代表する作家の一人として、古典美の世界を展開して文壇の最高峰を歩みつづけた。

人物 / 略歴

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 ~ 1965年(昭和40年)7月30日)

東京都生まれ。

◆ 略 歴

東京帝国大学文科大学国文科中退。

在学中に第2次『新思潮』を創刊し、処女作の戯曲『誕生』や、『刺青』を発表し、新進作家としての地歩を固めた。

戦争中、松子夫人とその妹たち四姉妹との生活を題材にした大作『細雪』に取り組み、毎日出版文化賞、朝日文化賞を受賞した。

1964年には日本人で初めて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選出された。

特記事項

◆ 谷崎 潤一郎 / 代表作

◆ 鮫人(未完)
◆ 愛すればこそ
◆ 痴人の愛
◆ 卍(まんじ)
◆ 蓼喰ふ虫
◆ 春琴抄
◆ 吉野葛
◆ 盲目物語
◆ 猫と庄造と二人のをんな
◆ 細雪
◆ 少将滋幹の母
◆ 鍵
◆ 夢の浮橋
◆ 瘋癲老人日記
◆ 刺青(短篇)
◆ 柳湯の事件(短篇)
◆ 途上(短篇)
◆ 私(短篇)
◆ 白昼鬼語(短篇)

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
谷崎潤一郎 作品/谷崎潤一郎の代表作/谷崎潤一郎 秘密/谷崎潤一郎 ナオミ/谷崎潤一郎全集/谷崎潤一郎 細雪/谷崎潤一郎 文章読本/谷崎潤一郎 映画/谷崎潤一郎賞/谷崎潤一郎記念館/谷崎潤一郎 プロフィール/谷崎潤一郎 略歴/谷崎潤一郎 死去/谷崎潤一郎 訃報/刺青 谷崎 潤一郎/谷崎 潤一郎 蓼食う虫/佐藤 春夫 谷崎 潤一郎/谷崎 潤一郎 記念館/谷崎 潤一郎 白日夢/谷崎潤一郎賞/谷崎潤一郎 刺青/谷崎潤一郎 卍/谷崎潤一郎 春琴抄/谷崎潤一郎 鍵/谷崎潤一郎記念館