追悼の森
中田 ラケットさん死去

漫才師 中田ラケット さん死去

1997年(平成9年)2月5日 死去 享年76歳

中田ラケット写真 

漫才師 中田ラケット さん死去

戦後の上方漫才を代表する兄弟コンビの一人 中田 ラケット(なかた ラケット)さんが1997年(平成9年)2月5日、心不全のため死去した。76歳だった。

1941年、兄のダイマルと「中田ダイマル・ラケット」を結成し、十三朝日座でデビューした。

「言うてみてみ、聞いてみてみ」「知らんかっとってん」などのギャグで人気を集めた。

また、『お笑い街頭録音』『スチャラカ社員』などにも出演し「爆笑王」の異名をとった。

人物 / 略歴

中田ラケット(本名:中田信夫、1920年(大正9年)3月3日 ~ 1997年(平成9年)2月5日)

兵庫県川辺郡小田村生まれ。

◆ 略 歴

1941年に中田ダイマルとコンビを組んでいた兄が病死し、無理やりコンビを組まされ、中田ダイマル・ラケットを結成した。

1947年に戎橋松竹の幕間の「拳闘漫才」で話題を博し、1958年に、朝日放送の専属タレントとなった。

『お笑い街頭録音』『ダイラケ二等兵』『スチャラカ社員』『すかたん社員』などの番組に出演し、一世を風靡した。

特記事項

ラケットは明るく遊び人であった兄ダイマルとは対照に、とても無口で神経質な性格であり、大きな舞台では顔が引きつったラケットをダイマルがニコニコ笑いながら励ます光景がよく見られた。

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
中田ダイマルラケット/中田ラケット プロフィール/中田ラケット 略歴/中田ラケット 死去/中田ラケット 訃報