追悼の森
中田 ダイマルさん死去

漫才師
中田 ダイマル さん死去

1982年(昭和57年)9月5日 死去 享年68歳

中田ダイマル写真 

漫才師 中田ダイマル さん死去

戦後の上方漫才を代表する兄弟コンビの一人 中田 ダイマル(なかた ダイマル)さんが1982年(昭和57年)9月5日、腹膜炎のため死去した。68歳だった。

1941年、コンビを組んでいた兄の病死に伴い、弟とコンビを組み、中田ダイマル・ラケットを結成した。

その後、「拳闘漫才」などで話題を博したほか、『お笑い街頭録音』『ダイラケ二等兵』『スチャラカ社員』などの番組にも出演し「爆笑王」の異名をとった。

人物 / 略歴

中田ダイマル(本名:中田勇夫、1913年(大正2年)12月14日 ~ 1982年(昭和57年)9月5日)

兵庫県川辺郡小田村生まれ。

◆ 略 歴

1923年に小田第一尋常高等小学校(現在の尼崎市立下坂部小学校)中退。

1941年に工員であった弟と無理やりコンビを組み、中田ダイマル・ラケットを結成し、十三朝日座でデビュー。

1947年に戎橋松竹の幕間の「拳闘漫才」で話題を博し、1958年に、朝日放送の専属タレントとなった。

『お笑い街頭録音』『ダイラケ二等兵』『スチャラカ社員』『すかたん社員』などの番組に出演し、一世を風靡した。

特記事項

正統派しゃべくり漫才の系譜とは一線を画し、天性の発想力による奇抜なシチュエーション展開で笑わせるタイプの天才肌漫才であった。

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
中田ダイマルラケット/中田ダイマル プロフィール/中田ダイマル 略歴/中田ダイマル 死去/中田ダイマル 訃報