追悼の森
大平 正芳首相死去

大平 正芳首相 死去

1980年(昭和55年)6月12日 死去 享年70歳

大平正芳首相写真 

大平正芳首相 死去

大平 正芳(おおひら まさよし)首相が1980年(昭和55年)6月12日午前5時過ぎ、心筋梗塞による心不全のため東京都港区の虎の門病院で死去した。70歳だった。

1978年12月7日に第68代内閣総理大臣に就任した。

1980年、第2次大平内閣時、不信任決議案の可決を受けて衆議院を解散(ハプニング解散)、衆参同時選挙を実施した。

総選挙が公示された5月30日、街頭演説の直後から気分が悪くなり、翌日、過労と不整脈で入院していた。

人物 / 略歴

大平 正芳(おおひら まさよし、1910年(明治43年)3月12日 ~ 1980年(昭和55年)6月12日)

位階は正二位。勲等は大勲位。

◆ 略 歴

香川県三豊郡和田村(現観音寺市)の農家大平利吉・サクの三男として生まれる。

兄2人、姉3人、弟妹がそれぞれ1人ずつの8人兄弟であったが、正芳が生まれた時長女は満1歳で、兄の1人も2歳半で既に亡くなっていた。

和田村立大正尋常高等小学校。旧制三豊中学校(現香川県立観音寺第一高等学校)を経て、高松高等商業学校(現香川大学経済学部)を卒業。

1933年(昭和8年)再び学業に戻ることを決意。東京商科大学(現一橋大学)に進学。

1935年(昭和10年)、高等試験行政科試験合格。

1978年12月7日に第68代内閣総理大臣に就任した。

衆議院議員(11期)、内閣官房長官(第21・22代)、外務大臣(第92・93・100・101代)、通商産業大臣(第31代)、大蔵大臣(第79・80代)、内閣総理大臣(第68・69代)などを歴任した。

特記事項

◆ 大平 正芳 / 栄 典

◆ 1980年(昭和55年)6月12日 - 贈大勲位菊花大綬章

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
大平正芳 家系図/大平正芳 名言/大平正芳 戦後政治の総決算/大平正芳記念館/大平正芳記念財団/大平正芳 中国/大平正芳 クリスチャン/大平正芳 マタイ/大平正芳内閣/大平正芳 画像/大平正芳 プロフィール/大平正芳 略歴/大平正芳 死去/大平正芳 孫/西山太吉 大平正芳/大平正芳 東京電力/大平正芳 仲人/大平正芳賞/大平正芳 新宿/大平正芳 出身校/大平正芳 香川大学