追悼の森
川端 康成さん死去

作家 川端 康成 さん死去

1972年(昭和47年)4月16日 死去 享年72歳

川端康成写真 

作家 川端 康成 さん死去

日本人では初となるノーベル文学賞を受賞した作家 川端 康成(かわばた やすなり)さんが1972年(昭和47年)4月16日、死去した。72歳だった。

『伊豆の踊子』『雪国』『千羽鶴』などの日本の美を表現した作品を発表。

1968年、日本人では初となるノーベル文学賞を受賞した。

神奈川県逗子市のマンション「逗子マリーナ」の自室で死亡しているのが発見された。

死因については通説ではガス自殺とされている。

人物 / 略歴

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 ~ 1972年(昭和47年)4月16日)

大阪府大阪市生れ。

◆ 略 歴

東京帝国大学文学部国文学科卒業。

『伊豆の踊子』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』など死や流転のうちに「日本の美」を表現した作品を発表。

1968年(昭和43年)に日本人では初となるノーベル文学賞を受賞した。

特記事項

死亡当時、死因は自殺と報じられ、それが通説となっている。

これについては死亡前後の状況から自殺を疑い、事故死とする見解がある。

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
川端康成 雪国/川端康成 死因/川端康成 藤圭子/川端康成 作品/三島由紀夫 川端康成/川端康成 加賀まりこ/川端康成 山の音/川端康成 人物/川端康成記念館/古都 川端康成/川端康成 プロフィール/川端康成 略歴/川端康成 死去/川端康成 訃報/川端 康成 文学賞/川端 康成 全集/川端 康成 記念館/川端 康成 双子/かつ吉 川端康成/川端康成 片腕/川端康成 ノーベル賞