追悼の森
宇野 宗佑元首相死去

元首相 宇野宗佑 さん死去

1998年(平成10年)5月19日 死去 享年75歳

宇野宗佑元首相写真 

宇野宗佑元首相 死去

宇野 宗佑(うの そうすけ)元首相が1998年(平成10年)5月19日午前11時4分、肺がんのため滋賀県立成人病センターで死去した。75歳だった。

同年2月から体調不良を訴え通院を繰り返し、死去前日の18日に入院していた。

怖がりの本人には病名は知らされなかったという。

1989年(平成元年)6月3日、宇野内閣が発足後、同年8月10日には辞任。総理在任期間はわずか69日間、日本政治史上4番目の短命内閣に終わった。

人物 / 略歴

宇野 宗佑(うの そうすけ、1922年(大正11年)8月27日 ~ 1998年(平成10年)5月19日)

位階は従二位。勲等は勲一等。

◆ 略 歴

滋賀県野洲郡守山町(現;守山市)に、宇野長司と民子の長男として生まれる。

1929年(昭和4年)に吉身尋常小学校に入学。

滋賀県立八幡商業学校、彦根高等商業学校を経て、旧制神戸商業大学(現神戸大学)に進学。

しかし2か月後に学徒出陣となり、戦後のシベリア抑留を経て、復学せずそのまま中退した。

滋賀県議会議員(2期)、滋賀県議会副議長(第45代)、衆議院議員(12期)、防衛庁長官(第32代)、科学技術庁長官(第31代)、行政管理庁長官(第44代)、通商産業大臣(第44代)、外務大臣(第115代)、内閣総理大臣(第75代)などを歴任した。

1989年7月の第15回参議院議員通常選挙で、自民党は敗北。宇野は敗北の責任をとり退陣を表明。

宇野の総理在任期間はわずか69日、日本政治史上4番目の短命内閣に終わった。

特記事項

宇野が首相に就任した3日後に『サンデー毎日』(毎日新聞)が神楽坂の芸妓の告発を掲載し、宇野の女性スキャンダルが表面化した。

1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙には出馬せず政界を引退した。

Page Top

PCサイト / スマートフォン