追悼の森
吉沢 久子さん死去

生活評論家
吉沢 久子 さん死去

2019年(平成31年)3月21日 死去 享年101歳

吉沢久子写真 

Page Top

評論家 吉沢 久子 さん死去

「家事評論家第1号」と称された生活評論家の 吉沢 久子(よしざわ ひさこ)さんが 2019年(平成31年)3月21日午前1時50分、心不全のため東京都内の病院で死去した。101歳だった。

本名は古谷久子(ふるや ひさこ)。

速記者を経て、後に夫となる文芸評論家・古谷綱武の秘書となる。

結婚後、新聞や雑誌などに、料理や食文化、家庭生活に関する原稿を執筆。

その後も、生活者の目線で考える評論家として講演や消費生活相談、料理番組への出演など幅広く活動。

著書に「楽しく百歳、元気のコツ」、「まいにちを味わう」など多数。

人物 / 略歴

吉沢 久子(よしざわ ひさこ、1918年1月21日 ~ 2019年3月21日 )

東京都江東区深川出身。

本名は古谷久子(ふるや ひさこ)。

◆ 略 歴

文化学院(2018年閉校)文科卒。

夫は文芸評論家の古谷綱武で、義弟はニュースキャスターの古谷綱正である。

1941年に速記者から始まり、古谷綱武の秘書を務めてから出会ったことをきっかけに1951年に結婚。

生活に関することを経験に生かし評論家となる。

夫と共に勉強会の記録誌「むれ」は現在も続いている。

最近はシニアライフについて評論を執筆している。

夫の死後から一人暮らしである(1984年2月死去)。

秘書時代は文化学院、東京栄養学院、東京学院に学んだ。

2018年1月21日に100歳になった。

2017年2月から10月まで7冊出版した。

2019年(平成31年)3月21日午前1時50分、心不全のため東京都内の病院で死去。享年101歳。

特記事項

家事評論家第1号」と評された。

◆ 主な著書(100歳以降)

◇ 『春夏秋冬しあわせを呼ぶ生き方』海竜社 2018

◇ 『今日を悔いなく幸せに』中公文庫 2018

◇ 『100歳。今日も楽しい 達人吉沢久子』主婦の友社 2018

◇ 『100歳のほんとうの幸福』PHP研究所 2018

◇ 『100歳の100の知恵』中央公論新社 2018

◇ 『吉沢久子100歳のおいしい台所』集英社文庫 2018

◇ 『楽しく百歳、元気のコツ』新日本出版社 2018

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
吉沢久子 近況/吉沢久子 プロフィール/吉沢久子の本/吉沢久子さん/吉沢久子 画家/吉沢久子 子供/吉沢久子 近況ブログ/吉沢久子画家/吉沢久子 夫/吉沢久子 絵/吉沢久子 略歴/吉沢久子 プロフィール/吉沢久子 死去/訃報 吉沢久子