追悼の森
衣笠 祥雄さん死去

元プロ野球選手
衣笠 祥雄 さん死去

2018年(平成30年)4月23日 死去 享年71歳

衣笠祥雄写真 

Page Top

元プロ野球選手 衣笠 祥雄 さん死去

プロ野球広島の中軸打者として活躍し、2215試合フルイニング連続出場の日本記録を持つ 衣笠 祥雄(きぬがさ さちお)さんが 2018年(平成30年)4月23日、大腸がん(上行結腸がん)のため死去した。71歳だった。

2215試合フルイニング出場の記録を持ち「鉄人」と呼ばれ親しまれた。

1984年には37歳にして打点王を獲得し、リーグ優勝・日本シリーズ制覇に伴ってMVPにも輝いた。

1987年(昭和62年)にはプロ野球界2人目となる国民栄誉賞を受賞した。

1996年(平成8年)に野球殿堂入り。

引退後は野球解説者として亡くなる4日前までテレビ解説を務めていた。

人物 / 略歴

衣笠 祥雄(きぬがさ さちお、1947年(昭和22年)1月18日 ~ 2018年4月23日)

旧名は衣笠 幸雄。

京都府京都市東山区馬町出身。

父親は、進駐軍の米軍兵士、母親は日本人。

愛称は「鉄人」。

広島東洋カープオーナー付スタッフ。

息子は俳優の衣笠友章。

◆ 略 歴

中学校時代より野球部に入部。

平安高等学校(京都市下京区)卒業。

高校野球部3年時、春の選抜と、夏の全国高等学校野球選手権大会に捕手として出場。

◆ 現役時代

1965年(昭和40年)、広島カープに入団。

当時の白石勝巳監督の方針で内野手に転向。

1968年から、一塁手として一軍レギュラーに定着。

背番号28(1974年まで)から、「鉄人(漫画『鉄人28号』)」の愛称で親しまれた。

1975年に三塁手にコンバートされる。

1976年に盗塁王のタイトルを獲得。

1984年(昭和59年)には37歳にして打点王を獲得し、リーグ優勝・日本シリーズ制覇に伴ってMVPにも輝いた。

1987年6月22日に王貞治に次いでプロ野球選手として2人目の国民栄誉賞を授与された。

同年9月、満足に守備が出来なくなった事を理由に現役引退を表明。

◆ 現役引退後

引退後は、1988年から野球解説者を務める一方で、テレビのコメンテーターなどタレント活動も行う。

1996年(平成8年)、野球殿堂入り。

2018年4月23日、上行結腸がんのため東京都内で死去。71歳没。

特記事項

極度の偏食で、魚が苦手で肉しか食べられない。

日本プロ野球名球会会員。

功績を讃え、1975年から衣笠のつけていた背番号「3」はカープの永久欠番となっている。

◆ 背番号

◇ 28 (1965年 ~ 1974年)

◇ 3 (1975年 ~ 1987年) - 永久欠番

◆ 出演CM

◇ 味噌メーカー「ますやみそ」

◇ アートネイチャー(現役時代末期)

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
衣笠祥雄 ハーフ/衣笠祥雄 癌/衣笠祥雄 息子/衣笠祥雄 家族/衣笠祥雄 成績/衣笠祥雄 娘/衣笠祥雄 声/衣笠祥雄 監督できない/衣笠祥雄 監督/衣笠祥雄 現在/衣笠祥雄 略歴/衣笠祥雄 プロフィール/衣笠祥雄 死去/訃報 衣笠祥雄