追悼の森
林 京子さん死去

芥川賞作家 林 京子さん死去

2017年(平成29年)2月19日 死去 享年86歳

林京子写真 林京子写真

芥川賞作家 林 京子 さん死去

長崎での自身の被爆体験をもとに、一貫して原爆文学を書き続けた作家の 林 京子(はやし きょうこ)さんが 2017年(平成29年)2月19日、死去した。86歳だった。

本名は宮崎 京子(みやざき きょうこ)

子ども時代を上海で過ごし、1945年(昭和20年)に帰国。

長崎高等女学校に在学中、爆心地から1キロ余りの場所にあった学徒動員先の工場で被爆した。

被ばくの恐怖と向き合いながら結婚、出産、離婚を経て、30年後の1975年(昭和50年)、爆心地付近をさまよったときの様子をつづった「祭りの場」で芥川賞を受賞。

その後も「8月9日の語り部」として被爆の実態を問い続ける創作を展開した。

人物 / 略歴

林 京子(はやし きょうこ、1930年8月28日 ~ 2017年2月19日)

長崎県長崎市出身。本名は宮崎京子。

◆ 略 歴

誕生の翌年、父(三井物産社員)の勤務地・上海に移住。

1945年に帰国し、長崎県立長崎高等女学校(現:長崎県立長崎東中学校・高等学校、長崎県立長崎西高等学校)3年に編入学。

同年8月9日、市内大橋にある三菱兵器工場に学徒動員中、被爆した。

長崎医科大学附属厚生女学部専科(現:長崎大学医学部)中退。

1963年(昭和38年)、被爆者手帳を受ける。

被爆からおよそ30年を経て、その体験をモチーフに書きつづった短編『祭りの場』で第18回群像新人文学賞、および第73回芥川賞。

受賞後、連作『ギヤマン ビードロ』にて芸術選奨文部大臣新人賞受賞の内示を受けるが、「被爆者であるから国家の賞を受けられない」として辞退。

その後も自身の被爆体験や家庭における問題、上海での少女時代などをもとにした作品を展開していく。

1983年『上海』で女流文学賞。

1984年『三界の家』で川端康成文学賞。

1990年『やすらかに今はねむり給え』で谷崎潤一郎賞。

2000年『長い時間をかけた人間の経験』で野間文芸賞。

2006年『その全集に至る文学的功績』を評価され、2005年度朝日賞を受賞。

2017年(平成29年)2月19日、死去。享年86歳。

特記事項

原爆を特権化する姿勢があるとして批判もあり、中上健次は「原爆ファシスト」と呼んだことがある。

◆ 主な受賞歴

◇ 群像新人文学賞 - 1975年

◇ 芥川龍之介賞 - 1975年

◇ 女流文学賞 - 1983年

◇ 川端康成文学賞 - 1984年

◇ 谷崎潤一郎賞 - 1990年

◇ 野間文芸賞 - 2000年

◇ 朝日賞 - 2006年

◆ 著 書

◇ 『祭りの場』講談社

◇ 『ギヤマン ビードロ』講談社

◇ 『ミッシェルの口紅』中央公論社

◇ 『無きが如き』講談社

◇ 『自然を恋う』中央公論社

◇ 『上海』中央公論社

◇ 『三界の家』新潮社

◇ 『道』文藝春秋

◇ 『谷間』講談社

◇ 『ヴァージニアの青い空』中央公論社

◇ 『ドッグウッドの花咲く町』影書房

◇ 『輪舞』新潮社

◇ 『やすらかに今はねむり給え』講談社

◇ 『瞬間の記憶』新日本出版社

◇ 『青春』新潮社

◇ 『老いた子が老いた親をみる時代』講談社

◇ 『樫の木のテーブル』中央公論社

◇ 『おさきに』講談社

◇ 『予定時間』講談社

◇ 『長い時間をかけた人間の経験』講談社

◇ 『希望』講談社

◇ 『林京子全集』全8巻、日本図書センター

共著

◇ 『被爆を生きて 作品と生涯を語る』島村輝 聞き手 岩波ブックレット

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
林京子 死去 小説家/林京子 アルツハイマー/林京子 食器/林京子 フェイスブック/林京子 祭りの場/林京子 恋の会話/林京子 ノーベル賞/林京子 空き缶/林京子 アナウンサー/林京子 略歴/林京子 プロフィール/訃報 林京子