追悼の森
平尾 誠二さん死去

ミスター・ラグビー
平尾 誠二 さん死去

2016年(平成28年)10月20日 死去 享年53歳

平尾誠二写真 

ラグビー 平尾誠二 さん死去

ラグビー日本代表の司令塔として活躍し、代表監督も務めた 平 尾誠二(ひらお せいじ)さんが 2016年(平成28年)10月20日午前7時16分、京都市内の病院で死去した。53歳だった。

病名などの死因については遺族の意向によって非公表。

元スター選手で日本代表監督も務め、「ミスターラグビー」と称された。

1998年(平成10年)1月、現役を引退。

引退後も幅広い人脈を築き、スポーツの社会的価値を訴え続けた。

2019年W杯日本大会と2000年東京五輪を控え、大会組織委員会の事務総長特別補佐に就任し、「顔」としての活躍が期待されていた。

人物 / 略歴

平尾 誠二(ひらお せいじ、1963年(昭和38年)1月21日 ~ 2016年(平成28年)10月20日)

京都府京都市南区出身。

日本代表選手であったほか、日本代表監督、神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督兼任ゼネラルマネージャーなどを歴任した。

◆ 略 歴

伏見工業高校、同志社大学商学部卒業。

同志社大学大学院政策科学総合研究科(修士課程)修了。

伏見工業高校で山口良治監督のもと、高校3年時に全国高校選手権大会(花園)で優勝。

1982年に史上最年少(19歳4ヶ月)で日本代表に選出。

同志社大学ラグビー部在籍時代にはセンターとして史上初の大学選手権3連覇に貢献。

1986年には英国リッチモンドにラグビー留学。

1986年、神戸製鋼に入社。

社会人時代は、日本選手権で7連覇を達成(V1~V3までは主将)。

ラグビーワールドカップには、第1回(1987年)、第2回(1991年)、第3回(1995年)にそれぞれ出場。

その後一度は代表を退いたが、臨時コーチとして招聘され、その後代表選手として本戦に出場した。

1998年1月、現役を引退。

その後、神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督兼任ゼネラルマネージャーに就任。

2000年4月、NPO「スポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構(SCIX)」を旗揚げ。

2008年7月12日には日本サッカー協会理事に就任。

クルム伊達公子(プロテニス選手)とともにサッカー界以外から就任したが、1期のみで退任している。

2011年には文部科学省の中央教育審議会委員に就任した。

2016年10月20日午前7時16分、京都市内の病院で死去。53歳だった。

特記事項

病名などの死因については遺族の意向によって非公表となっている。

◆ 著書

◇ 『勝者のシステム:勝ち負けの前に何をなすべきか』

◇ 『「知」のスピードが壁を破る:進化しつづける組織の創造』

◇ 『人は誰もがリーダーである』

◇ 『理不尽に勝つ』PHP研究所、2012年。

◇ 『求心力 第三のリーダーシップ』

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
平尾誠二 癌/平尾誠二 病気/平尾誠二 死因/平尾誠二 激やせ/平尾誠二 嫁/平尾誠二 家族/平尾誠二 病名/平尾誠二 身長/平尾誠二 息子/平尾誠二 スクールウォーズ/平尾誠二 略歴/平尾誠二 プロフィール/平尾誠二 死去/訃報 平尾誠二