追悼の森
安藤 昇さん死去

元「安藤組」組長で作家、俳優
安藤 昇 さん死去

2015年(平成27年)12月16日 死去 享年89歳

安藤昇写真 

作家、俳優 安藤 昇 さん死去

元「安藤組」組長で、転身後は作家、俳優として活躍した 安藤 昇(あんどう のぼる)さんが 2015年(平成27年)12月16日午後6時57分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。89歳だった。

少年時代は少年院に収容されるなど荒れた生活を送った。

戦後、特攻隊から復員後、28歳で「安藤組」を結成。

1958年(昭和33年)には横井英樹襲撃事件で服役し、出所した1964年に組を解散。

1965年(昭和40年)に俳優に転身し、映画「血と掟(おきて)」でデビュー。

精悍(せいかん)なマスクに、左ほおに本物の刀傷がある元ヤクザの迫力もあり、たちまち人気俳優になった。

その後は日活、東映など数々の映画に出演してきた。

人物 / 略歴

安藤 昇(あんどう のぼる、1926年(大正15年)5月24日 ~ 2015年(平成27年)12月16日)

現:東京都新宿区新宿6丁目出身。 元ヤクザ、俳優、小説家、歌手、プロデューサー。

長男のニック安藤と、次男の安藤章は、ともに映画プロデューサー。

◆ 略 歴

15歳で感化院に、18歳で多摩少年院に収監されるなど、荒れた少年時代を送った。

予科練の試験に合格し恩赦で少年院を退院、三重海軍航空隊に入隊後海軍飛行予科練習生へ配属。

1945年(昭和20年)6月、神奈川県久里浜の伏龍特攻隊に志願し、訓練を受けるも、2ヶ月後に終戦となり、除隊。

1946年(昭和21年)、法政大学予科に入学するが、翌1947年(昭和22年)退学し、仲間達と共に愚連隊(不良青少年グループ)を作った。

1952年(昭和27年)、サンドイッチマンを手配していた東京宣伝社を発展解消し、渋谷に東興業を設立。

当初は不動産や各種興行など真っ当な仕事を扱っていたが、次第に暴力団の様相を呈してくるようになった。これが世に言う「安藤組」の始まりであった。

安藤組は、従来の暴力団とは異なるファッショナブルなスタイル(背広の着用を推奨し、刺青・指詰めを厳禁した等)で、当時の若者の絶大な支持を集めた。最盛期には500人以上の構成員が在籍し、中には大学生や高校生の姿も珍しくなかったという。

安藤組の幹部には、後年 安藤組の回顧録『修羅場の人間学』を執筆した森田雅や、本田靖春の小説「疵・花形敬とその時代」の主人公として知られる花形敬らがいる。

また作家の安部譲二が、中学生の頃から末端組員として安藤組に出入りしていたことが知られている。

1958年(昭和33年)、横井英樹の債務取立てのトラブル処理を請け負うが、その話し合いの席上での横井の態度に激怒した安藤は、組員に横井襲撃を命じる(横井英樹襲撃事件)。35日間の逃亡生活の末殺人未遂罪で逮捕され、1961年(昭和36年)前橋刑務所に収監。

1964年(昭和39年)、出所した安藤の意思で組は解散となった。

1965年(昭和40年)、自らの自叙伝を映画化した『血と掟』(松竹配給)に主演し映画俳優へ転向。

この作品がヒットを記録し、松竹と契約金2千万円、1本当たりの出演料が看板女優である岩下志麻を凌ぐ500万円で専属契約を結んだ。

その後、1967年(昭和42年)に東映に移籍した。

決して長身ではないが、端整な顔立ちに曰くありげな左頬の傷跡、有名暴力団の元組長という類い希な経歴から、数々のヤクザ映画に出演し、人気を博した。

1979年(昭和54年)、「総長の首」出演を最後に俳優を休業。

これ以降はごく希にVシネマに客演する程度で、現在は専らVシネマのプロデュースや文筆活動に勤しんでいた。

2015年12月16日、肺炎で死去。89歳没。

特記事項

「安藤組」組長として1000人を超える組員を率いた。その中には作家安部譲二氏らもいた。

自ら主題歌も歌い、レコードも数枚リリースしているが、歌手としての評価は低く、話題にもならなかった。

◆ 主な出演 映画

◇ 「血と掟」

◇ 「やさぐれの掟」

◇ 「逃亡と掟」

◇ 「望郷と掟」

◇ 「炎と掟」

◇ 「男の顔は履歴書」

◇ 「阿片台地 地獄部隊突撃せよ」

◇ 「男の顔は切札」

◇ 「白昼の惨殺」

◇ 「懲役十八年」

◇ 「侠客道」

◇ 「日本暗黒史 血の抗争」

◇ 「続組織暴力」

◇ 「ギャングの帝王」

◇ 「懲役十八年 仮出獄」

◇ 「網走番外地 吹雪の斗争」

◇ 「日本暗黒史 情無用」

◇ 「密告」

◇ 「日本暴力団 組長」

◇ 「やくざ非情史 刑務所兄弟」

◇ 「組織暴力 兄弟盃」

◇ 「やくざ非情史 血の盃」

◇ 「昭和やくざ系図 長崎の顔」

◇ 「やくざ非情史 血の決着」

◇ 「博徒外人部隊」

◇ 「懲役太郎 まむしの兄弟」

◇ 「新網走番外地 嵐を呼ぶ知床岬」

◇ 「まむしの兄弟 お礼参り」

◇ 「出所祝い」

◇ 「関東テキヤ一家 浅草の代紋」

◇ 「新網走番外地 吹雪の大脱走」

◇ 「ギャング対ギャング」

◇ 「現代やくざ 人斬り与太」

◇ 「やくざと抗争」

◇ 「昭和残侠伝 破れ傘」

◇ 「やくざと抗争 実録安藤組」

◇ 「実録 私設銀座警察」

◇ 「現代任侠史」

◇ 「実録安藤組 襲撃篇」

◇ 「非情学園ワル ネリカン同期生」

◇ 「暴力街」

◇ 「唐獅子警察」

◇ 「三代目襲名」

◇ 「あゝ決戦航空隊」

◇ 「無宿」

◇ 「安藤組外伝 人斬り舎弟」

◇ 「新仁義なき戦い」

◇ 「仁義の墓場」

◇ 「任侠外伝 玄界灘」

◇ 「安藤昇のわが逃亡とSEXの記録」

◇ 「やくざ残酷秘録・片腕切断」

◇ 「総長の首」

◇ 「極道渡世の素敵な面々」

◇ 「実録 新宿の顔2」

◇ 「安藤組外伝 掟」

◇ 「実録・安藤組外伝 餓狼の掟」

◇ 「渋谷物語」

◆ 主な著書(2000年以降)

◇ 『喧嘩空手一代』 双葉文庫

◇ 『実録・安藤組外伝』 双葉文庫

◇ 『自伝 安藤昇』ぶんか社

◇ 『不埒三昧』祥伝社

◇ 『映画俳優安藤昇』ワイズ出版

◇ 『映画俳優安藤昇』 ワイズ出

◇ 『色事の品格』

◇ 『女にモテたきゃ男を磨け』 双葉文庫

◇ 『戯言(ざれごと)』竹書房

◇ 『安藤昇 王者の煩悩』コアマガジン

◇ 『人生を変える九門』ベストセラーズ

◇ 『男の覚悟』青志社

◇ 『安藤昇の戦後ヤクザ史』ベストブック

◇ 『男の終い仕度』青志社

◇ 『男讃歌』木耳社

◇ 『男の品位』青志社

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
安藤昇 現在/安藤昇 田岡/安藤昇 息子/安藤昇 花形敬/安藤昇 伝説/安藤昇 画像/安藤昇 山口洋子/関根潤三 安藤昇/安藤昇 身長/安藤昇 動画/安藤昇 略歴/安藤昇 プロフィール/安藤昇 死去/訃報 安藤昇