追悼の森
加藤 治子さん死去

女優 加藤 治子 さん死去

2015年(平成27年)11月2日 死去 享年92歳

加藤治子写真 

女優 加藤 治子 さん死去

テレビドラマ「寺内貫太郎一家」など、数多くの母親役で親しまれた女優の 加藤 治子(かとう はるこ)さんが 2015年(平成27年)11月2日、死去した。92歳だった。

死因などは明かされていない。

1939年(昭和14年)、松竹少女歌劇学校を経て、東宝映画入り。

1964年に森繁久弥さんと共演したテレビドラマ「七人の孫」から、着物姿の母親役がハマリ役となった。

また、1979年(昭和54年)にはNHKドラマ「阿修羅のごとく」に出演するなど、演技派の俳優としてテレビドラマや映画でも活躍した。

森光子さんや山岡久乃さんらと並び「日本のお母さん像」として親しまれた。

近年では、スタジオジブリのアニメ「魔女の宅急便」や「ハウルの動く城」などで声優を務めた。

2010年には映画「おとうと」に出演するなど、幅広く活躍していた。

2002年(平成14年)に勲四等宝冠章を受章。

人物 / 略歴

加藤 治子(かとう はるこ、1922年(大正11年)11月24日 ~ 2015年(平成27年)11月2日)

東京市赤坂区(現:東京都港区)に生まれる。本名は同じ。

◆ 略 歴

松竹少女歌劇学校を経て、1937年、御舟京子(みふね きょうこ)の芸名で松竹少女歌劇団に入る。

1939年には東宝に迎えられ、『花つみ日記』で映画デビュー。

1941年に慶應義塾大学の学生だった加藤道夫や芥川比呂志らが結成した新演劇研究会に入団

1963年には芥川、高橋昌也、岸田今日子らと劇団雲の創立に参加。

1964年、テレビドラマ『七人の孫』で母親を演じ森繁久彌らと共演。

以後、ホームドラマでは母親役を当たり役にして広く人気を集め、「日本のお母さん女優」と称された。

向田作品においては常連かつキーマンといえる役柄を務め、母親役や女の業を滲ませた役も多く演じて人気が高い。

私生活では加藤道夫と結婚するも1953年に死別。

1958年には高橋昌也と再婚するが、1973年に離婚している。

2015年11月2日死去。92歳没。

特記事項

向田邦子や久世光彦とは公私ともに親しかったことでも知られる。

◆ 受賞歴

◇ 第24回(1998年度)菊田一夫演劇賞

◇ 第36回(2001年度)紀伊国屋演劇賞 個人賞

◇ 第9回(2001年度)読売演劇大賞最優秀女優賞

◇ 2002年 勲四等宝冠章

◆ 出演作品 / テレビドラマ

◆ 2000年以降

◇ どんまい! - 2005年

◇ こんにちは、母さん - 2007年

◇ 離婚同居 - 2010年

◇ 火曜サスペンス劇場 - 2002年~2006年

◇ 浅見光彦シリーズ - 1994年~2009年

◇ あなたの人生お運びします! - 2003年

◇ 温泉へ行こう - 2005年

◇ 獣医ドリトル - 2010年

◇ 初体験 - 2002年

◇ あゝ離婚式 - 2004年

◇ 医龍 - 2006年

◇ 東京タワー - 2006年

◇ あしたの、喜多善男 - 2008年

◇ 金曜プレステージ - 2011年

◇ 動物のお医者さん - 2003年

◇ 時効警察 - 2007年

◇ 京都地検の女 - 2007年

◇ 新幹線をつくった男たち - 2004年

◇ センセイの鞄 - 2003年

◇ 兄帰る - 2009年

◆ 映画

◇ ピストルオペラ - 2001年

◇ 完全なる飼育 - 2003年

◇ スパイ・ゾルゲ - 2003年

◇ 阿修羅のごとく - 2003年

◇ 風音 - 2004年

◇ 死に花 - 2004年

◇ 間宮兄弟 - 2006年

◇ 気仙沼伝説 - 2006年

◇ 魂萌え! - 2007年

◇ サウスバウンド - 2007年

◇ カメレオン - 2008年

◇ 歩いても 歩いても - 2008年

◇ わたし出すわ - 2009年

◇ おとうと - 2010年

◆ 出演CM

◇ ピップフジモト

◇ 日本コカ・コーラ

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
加藤治子 現在/加藤治子 今/加藤治子の息子/加藤治子 魔女の宅急便/高橋昌也 加藤治子/加藤治子 マルサ/加藤治子 妹/加藤治子 子供/加藤治子 若い頃/マルサの女 加藤治子/加藤治子 略歴/加藤治子 プロフィール/加藤治子 死去/訃報 加藤治子