追悼の森
福島 菊次郎さん死去

反骨の報道写真家
福島 菊次郎 さん死去

2015年(平成27年)9月24日 死去 享年94歳

福島菊次郎写真 

報道写真家 福島菊次郎さん死去

原爆や公害などをテーマに戦後の激動の現場を撮り続けた反骨の報道写真家 福島 菊次郎(ふくしま きくじろう)さんが 2015年(平成27年)9月24日午後7時50分、脳梗塞(こうそく)のため山口県柳井市内の病院で死去した。94歳だった。

山口県下松市に生まれる。

軍隊生活を経て、戦争孤児を撮影して救援物資集めの写真展を開いたのを契機に写真の道へ。

広島の被爆者家庭を取材した写真集作品「ピカドン ある原爆被災者の記録」などで知られりる。

日本写真批評家協会賞特別賞を受賞。

人物 / 略歴

福島 菊次郎(ふくしま きくじろう、1921年3月15日 ~ 2015年9月24日)

山口県下松市に生まれる。

◆ 略 歴

1944年春に出征し、広島西部第10部隊に配属され、訓練中に骨折し、除隊となる。

1945年春に再召集。8月15日の終戦を迎えた。

広島市に投下された原爆の被災者の10年におよぶ困窮生活を活写した作品『ピカドン ある原爆被災者の記録』が、日本写真評論家協会賞特別賞を受賞(1960年)。

1961年、3人の子どもを連れ上京しプロ写真家となる。

中近東、アラブ、ソビエト連邦などに長期にわたる取材もこなした。

作品は、『中央公論』、『文藝春秋』、『朝日ジャーナル』などの総合雑誌グラビアで約3300点が発表されている。

また、「写真で見る戦争責任展」などの写真展を全国510会場で開催した。

1982年、自給自足の生活を目指し瀬戸内海の無人島に入植。

1987年に検診で胃癌が見つかり、山口県柳井市の病院に入院。

2011年に発生した福島第一原子力発電所事故を機に、再び活発に活動を続けていた。

2015年9月24日、脳梗塞のため死去。94歳没。

特記事項

原爆、政治・軍事問題、学生運動、公害・福祉問題などをライフワークとし、「ピカドン」など17回の個展を開き12冊の写真集がある。

◆ 著書 / 公刊された写真集

◇ 1961年 『ピカドン―ある原爆被災者の記録』 東京中日新聞

◇ 1969年 『ガス弾の谷間からの報告―福島菊次郎写真集』 MSP出版部

◇ 1970年 『迫る危機―福島菊次郎遺作集 自衛隊と兵器産業を告発する!』 現代書館

◇ 1977年 『戦場からの報告―三里塚 1967-1977』 社会評論社

◇ 1978年 『原爆と人間の記録』 社会評論社

◇ 1980年 『公害日本列島―日本の戦後を考える』 三一書房

◇ 1980年 『戦後の若者たち―日本の戦後を考える 叛逆の現場検証』 三一書房

◇ 1981年 『戦後の若者たち(part 2)リブとふうてん―日本の戦後を考える』 三一書房

◇ 1981年 『天皇の親衛隊―日本の戦後を考える』 三一書房

◇ 1987年 『戦争がはじまる―福島菊次郎全仕事集』 社会評論社

◇ 1989年 『瀬戸内離島物語』 社会評論社

◇ 2013年 『証言と遺言』デイズ ジャパン

◆ 福島菊次郎 / 著述

◇ 2003年 『写らなかった戦後 ヒロシマの嘘』現代人文社

◇ 2005年 『写らなかった戦後2 菊次郎の海』現代人文社

◇ 2010年 『写らなかった戦後3 殺すな、殺されるな 福島菊次郎遺言集』現代人文社

◇ 那須圭子(特別寄稿: 福島菊次郎)『中電さん、さようなら 山口県祝島原発とたたかう島人の記録』創史社、2007年11月

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
福島菊次郎 写真/福島菊次郎 ロク/福島菊次郎 死去/福島菊次郎 映画/福島菊次郎 写真展 横浜/福島菊次郎展ニッポンの嘘 福島菊次郎/福島菊次郎 写真展/福島菊次郎 作品/日本の嘘 福島菊次郎/福島菊次郎 略歴/福島菊次郎 プロフィール/訃報 福島菊次郎