追悼の森
阿川 弘之さん死去

作家 阿川 弘之 さん死去

2015年(平成27年)8月3日 死去 享年94歳

阿川弘之写真 

作家 阿川 弘之 さん死去

海軍体験を通して戦争を描いた作品や、軽妙で辛口のエッセーで知られる作家で文化勲章受章者の 阿川 弘之(あがわ ひろゆき)さんが2015年(平成27年)8月3日午後10時33分、老衰のため東京都内の病院で死去した。94歳だった。

東大文学部を卒業後、予備学生として海軍へ入隊。

敗戦を中国 漢口で迎え、復員した。

真珠湾攻撃を指揮した連合艦隊司令長官の人間像を描いた「山本五十六」をはじめ「米内光政」、「井上成美」の海軍提督三部作は、海軍提督の人間的実像に迫り、伝記小説に新境地を開いた。

また、旅の醍醐味を綴った「南蛮阿房列車」など、随筆にも定評がある。

1999年(平成11年)に文化勲章を受けた。

長女はエッセイストの阿川佐和子さん。

人物 / 略歴

阿川 弘之(あがわ ひろゆき、1920年(大正9年)12月24日 ~ 2015年(平成27年)8月3日)

広島市白島九軒町土手通り(現:中区白島九軒町)に生まれる。

本籍地は、山口県美祢郡伊佐村(現:美祢市伊佐町)。

法学者の阿川尚之は長男。

エッセイストの阿川佐和子は長女。

◆ 略 歴

東京帝国大学文学部国文科を繰り上げ卒業。

◆ 海軍入り

1942年9月、海軍予備学生として海軍に入隊する。

1943年8月、海軍少尉任官。

1944年、海軍中尉任官。

◆ 戦後

1946年3月末、博多へ上陸、復員する。

広島市への原子爆弾投下により焼き尽くされた故郷の街を見る。

家は丸焼けだったが、両親は無事だった。

◆ 作家として

志賀直哉に師事。

主な著作は『春の城』、『雲の墓標』、『山本五十六』、『米内光政』、『井上成美』、『志賀直哉』、『南蛮阿房列車』、『食味風々録』など。

1979年、日本芸術院会員。

1999年、文化勲章受章。

2015年8月3日午後10時33分、老衰のため東京都内の病院で死去。享年94歳。

特記事項

志賀直哉の最後の内弟子として薫陶を受け、その文学上の後継者である。

◆ 受賞歴

◇ 1952年 - 『春の城』で第4回読売文学賞

◇ 1960年 - 『なかよし特急』で第7回サンケイ児童出版文化賞

◇ 1966年 - 『山本五十六』で第13回新潮社文学賞

◇ 1979年 - 第35回恩賜賞・日本藝術院賞

◇ 1983年 - 第30回交通文化賞

◇ 1987年 - 『井上成美』で第19回日本文学大賞

◇ 1993年 - 文化功労者

◇ 1994年 - 『志賀直哉』で野間文芸賞、毎日出版文化賞

◇ 1999年 - 文化勲章、第3回海洋文学大賞特別賞、広島県名誉県民

◇ 2001年 - 『食味風々録』で第53回読売文学賞

◇ 2007年 - 第55回菊池寛賞

◆ 家庭

◇ 妻

◇ 長男 - 尚之(法学者・慶應義塾大学教授)

◇ 長女 - 佐和子(エッセイスト、タレント)

◇ 二男

◇ 三男

◆ 出演CM

◇ ネスカフェ ゴールドブレンド(1981年)

◆ 著書(1990年以降)

◇ 『女王陛下の阿房船』- 1990年

◇ 『国を思えば腹が立つ 』 - 1992年

◇ 『志賀直哉』 - 1994年、1997年

◇ 『七十の手習ひ』 - 1995年

◇ 『高松宮と海軍』 - 1996年

◇ 『雪の進軍』 - 1996年

◇ 『故園黄葉』 - 1999年

◇ 『葭の髄から』 - 2000年

◇ 『食味風々録』 - 2001年、2015年

◇ 『日本海軍に捧ぐ』 - 2001年

◇ 『阿川弘之自選紀行集』 - 2001年

◇ 『春風落月』 - 2002年

◇ 『人やさき犬やさき』 - 2004年

◇ 『亡き母や』 - 2004年

◇ 『エレガントな象』 - 2007年

◇ 『大人の見識』 - 2007年

◇ 『我が青春の記憶』 - 2008年

◇ 『天皇さんの涙』 - 2011年

◇ 『汽車に乗って船に乗って 阿川弘之自選紀行集』 - 2011年

◇ 『森の宿』 - 2011年

◇ 『鮨 そのほか』 - 2013年

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
阿川弘之 近況/阿川弘之 三男/阿川弘之 入院/阿川弘之 次男/阿川弘之 暗い波濤/作家 阿川弘之/阿川弘之 クレーム/阿川弘之 有隣堂/阿川弘之 山本五十六/報道2001 阿川弘之/阿川弘之 略歴/阿川弘之 プロフィール/阿川弘之 死去/訃報 阿川弘之