追悼の森
南部 陽一郎さん死去

ノーベル賞受賞者
南部 陽一郎 さん死去

2015年(平成27年)7月5日 死去 享年94歳

南部陽一郎写真 

物理学者 南部 陽一郎 さん死去

世界的な理論物理学者で、ノーベル物理学賞を受賞した 南部 陽一郎(なんぶ よういちろう)さんが 2015年(平成27年)7月5日午後8時12分、急性心筋梗塞のため死去した。94歳だった。

戦後、東京帝国大学の理学部物理学科に復学。

卒業後、大阪市立大で助教授、教授を務め、1952年に渡米。

1958年シカゴ大教授に就任。

1970年、米国籍を取得した。

現在の素粒子物理学の基礎となる新たな理論を世界に先駆けて次々と発表。

「自発的対称性の破れ」という現象から、素粒子の対称性(均一性)が失われる理論を構築。

2008年(平成20年)、この功績によりノーベル物理学賞を受賞した。

人物 / 略歴

南部 陽一郎(なんぶ よういちろう、1921年1月18日 ~ 2015年7月5日)

福井県福井市出身。理論物理学者。

専門は素粒子理論。理学博士(東京大学 1952年)。

◆ 略 歴

旧制福井中学(現:藤島高等学校)卒業。

東京帝国大学に進み1943年に課程を短縮されて2年半で卒業。

卒業後、陸軍の召集を受けて宝塚市のレーダー研究所に配属された。

◆ 戦後の研究開始から渡米まで

終戦後、東京帝国大学の理学部物理学教室(物理学科)に嘱託で復帰。

1950年、大阪市立大学理工学部に理論物理学のグループを立ち上げた。

◆ 渡米とその後の活動

1952年にプリンストン高等研究所に赴任。

1954年にシカゴ大学の核物理研究所に着任。

1970年にアメリカ合衆国に帰化した。

2008年 - ノーベル物理学賞を受賞。

受賞理由:自発的対称性の破れの発見。

2015年7月5日、急性心筋梗塞のため死去。94歳没。

特記事項

大阪大学には研究室を持ち、年に幾度も来日して招へい教授として研究を続けていた。

自宅は、現在は米国イリノイ州シカゴと、大阪府豊中市。

◆ 学術賞歴

1970年 - ハイネマン賞 数理物理学部門。

1977年 - オッペンハイマー賞受賞。

1982年 - アメリカ国家科学賞(物理学部門)を受賞。

1985年 - マックス・プランク・メダルを受賞。

1986年 - ディラック賞を受賞。

1994年 - J・J・サクライ賞を受賞。

1994年 - ウルフ賞物理学部門を受賞。

2005年 - ベンジャミン・フランクリン・メダルを受賞。

2005年 - オスカル・クラインメダル受賞。

2008年 - ノーベル物理学賞を受賞。

◆ 栄典

1978年 - 文化功労者顕彰。

1978年 - 文化勲章受章。

1979年 - 福井市名誉市民。

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
南部陽一郎 息子/南部陽一郎 豊中/南部陽一郎 家族/ノーベル物理学賞 南部陽一郎/南部陽一郎 天才/南部陽一郎 研究内容/南部陽一郎 小林誠/南部陽一郎 講演/南部陽一郎 講演会/南部陽一郎 死去/南部陽一郎 略歴/南部陽一郎 プロフィール/訃報 南部陽一郎