追悼の森
河野 多恵子さん死去

作家 河野 多恵子 さん死去

2015年(平成27年)1月29日 死去 享年88歳

河野多恵子写真 

作家 河野多恵子 さん死去

「蟹」や「みいら採り猟奇譚」などの作品で知られる作家で文化勲章受章者の 河野 多恵子(こうの たえこ)さんが 2015年(平成27年)1月29日午後7時15分、呼吸不全のため東京都千代田区内の病院で死去した。88歳だった。

戦後、上京して作家丹羽文雄主宰「文学者」の同人となり、主に同誌に作品を発表。

新潮社同人雑誌賞を受けた「幼児狩り」で注目を集めた。

1963年(昭和38年)、「蟹」で第49回芥川賞を受賞。

その後、谷崎潤一郎賞や野間文芸賞など純文学の賞を軒並み獲得。また、女性初の芥川賞選考委員となったほか、文学賞の選考委員を多く務め、辛口で鋭敏な批評で知られた。

人物 / 略歴

河野 多惠子(こうの たえこ、1926年(大正15年)4月30日 ~ 2015年(平成27年)1月29日)

大阪府大阪市に生まれる。本名は市川多恵子。

夫は洋画家の市川泰(2012年没)。日本芸術院会員。

◆ 略 歴

旧制大阪府女子専門学校(現:大阪府立大学)卒業。

1950年、丹羽文雄主宰の『文学者』同人となる。

1961年『幼児狩り』で注目された。

1963年、『蟹』で芥川賞を受賞する。

大庭みな子と共に女性初の芥川賞選考委員となり、2007年まで務めた。

『谷崎文学と肯定の欲望』で読売文学賞を受賞するなど谷崎の読み手としても知られた。

2015年1月29日、呼吸不全のため死去。88歳没。

特記事項

平林たい子を高く評価し、平林たい子記念会理事長を務めた。

◆ 河野多惠子 / 受賞歴

◇ 1961年、『幼兒狩り』で新潮同人雑誌賞

◇ 1963年、『蟹』で芥川賞

◇ 1966年、『最後の時』で女流文学賞

◇ 1969年、『不意の声』で読売文学賞

◇ 1977年、『谷崎文学と肯定の欲望』で読売文学賞

◇ 1980年、『一年の牧歌』で谷崎潤一郎賞

◇ 1984年、日本芸術院賞

◇ 1991年、『みいら採り猟奇譚』で野間文芸賞

◇ 2000年、『後日の話』で毎日芸術賞

◇ 2002年、『半所有者』で川端康成文学賞

◇ 2002年、文化功労者

◇ 2014年、文化勲章

◆ 河野多惠子 / 著書

◇ 『幼児狩り』 1962

◇ 『美少女・蟹』 1963

◇ 『夢の城』1964

◇ 『男友達』1965

◇ 『最後の時』1966

◇ 『不意の声』1968

◇ 『背誓』1969

◇ 『草いきれ』1969

◇ 『回転扉』1970

◇ 『戯曲 嵐が丘』1970

◇ 『骨の肉』1971

◇ 『双夢』1973

◇ 『文学の奇蹟』1974

◇ 『無関係』1974

◇ 『私の泣きどころ』1974

◇ 『択ばれて在る日々』1974

◇ 『思いがけない旅』1975

◇ 『血と貝殻』1975

◇ 『谷崎文学と肯定の欲望』1976

◇ 『いすとりえっと』1977

◇ 『砂の檻』1977

◇ 『遠い夏』1977

◇ 『もうひとつの時間』1978

◇ 『妖術記』1978

◇ 『一年の牧歌』1980

◇ 『気分について』1982

◇ 『いくつもの時間』1983

◇ 『鳥にされた女』1989

◇ 『みいら採り猟奇譚』1990

◇ 『炎々の記』1992

◇ 『谷崎文学の愉しみ』1993

◇ 『蛙と算術』1993

◇ 『河野多恵子全集』1994-96

◇ 『図説『ジェイン・エア』と『嵐が丘』』1996

◇ 『ニューヨークめぐり会い』1997

◇ 『赤い脣黒い髪』1997

◇ 『後日の話』1999

◇ 『秘事』新潮社 2000

◇ 『半所有者』2001

◇ 『思いがけないこと』2002

◇ 『小説の秘密をめぐる十二章』2002

◇ 『臍の緒は妙薬』2007

◇ 『逆事』2011

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
河野多恵子 秘事/河野多恵子 逆事/不意の声 河野多恵子/ダンス 河野多恵子/魔 河野多恵子/河野多恵子 砂の檻/河野多恵子 緋/河野多恵子 略歴/河野多恵子 プロフィール/河野多恵子 死去/訃報 河野多恵子