追悼の森
渡辺 淳一さん死去

作家 渡辺 淳一 さん死去

2014年(平成26年)4月30日 死去 享年80歳

渡辺淳一写真 

作家 渡辺淳一 さん死去

中高年の性愛を大胆に描いた「失楽園」や「ひとひらの雪」などの作品で知られる作家の 渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち)さんが2014年(平成26年)4月30日午後11時42分、前立腺がんのため東京都内の自宅で死去した。80歳だった。

札幌医科大学卒。整形外科医師として勤務する一方、北海道の同人誌に執筆を続けた。

1968年(昭和43年)に同医科大で行われた心臓移植に関して脳死判定に疑義を唱えた「小説 心臓移植」が問題視され、1969年(昭和44年)辞職し、作家に専念。翌年、「光と影」で直木賞を受賞した。

以来、40年以上にわたり第一線で幅広いテーマで執筆を続け、ベストセラーを連発した。また、多くのエッセイも手がけている。

人物 / 略歴

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 ~ 2014年(平成26年)4月30日)

北海道上砂川町朝陽台出身。

◆ 略 歴

1958年札幌医科大学医学部卒業。

同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。

1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。

以来、40年以上にわたり第一線で幅広いテーマで執筆を続け、ベストセラーを連発した。また、多くのエッセイも手がけている。

特記事項

◆ 渡辺淳一 / 著書(小説)1990年以降

◇ うたかた 講談社 1990 のち文庫、集英社文庫

◇ 風の噂 新潮社 1990 のち講談社文庫、新潮文庫

◇ 小指のいたみ 広済堂文庫 1990 のち文春文庫

◇ 影絵 ある少年の愛と性の物語 中央公論社 1990 のち文庫、扶桑社文庫

◇ メトレス愛人 文藝春秋 1991 のち文庫

◇ 何処へ 新潮社 1992 のち文庫

◇ 麻酔 朝日新聞社 1993 のち講談社文庫、朝日文芸文庫

◇ 夜に忍びこむもの 集英社 1994 のち文庫、文春文庫

◇ ヴェジタブル・マン(植物人間) 新潮文庫 1996

◇ 失楽園 講談社 1997 のち文庫、角川文庫

◇ かりそめ 新潮社 1999 のち文庫

◇ 泪壺 講談社 2001 のち文庫

◇ シャトウルージュ 文藝春秋 2001 のち文庫

◇ エ・アロール それがどうしたの 角川書店 2003 のち文庫

◇ 幻覚 中央公論新社 2004 のち文庫

◇ 愛の流刑地 幻冬舎 2006 のち文庫

◇ あじさい日記 講談社 2007

◆ 渡辺淳一 / 受賞歴

◇ 1965年(昭和40年) 第12回新潮同人雑誌賞 - 『死化粧』

◇ 1970年(昭和45年) 第63回直木賞 - 『光と影』

◇ 1979年(昭和54年) 第14回吉川英治文学賞- 『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』

◇ 1983年(昭和58年) 第48回文藝春秋読者賞 - 『静寂の声 ― 乃木希典夫人の生涯』

◇ 2001年(平成13年) アイスランド隼勲章騎士章

◇ 2003年(平成15年) 紫綬褒章

◇ 2003年(平成15年) 菊池寛賞

◇ 2011年(平成23年) 第72回文藝春秋読者賞 - 『天上紅蓮』

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
渡辺淳一 作品/渡辺淳一失楽園/渡辺淳一 家族/渡辺淳一 光と影/渡辺淳一 映画/渡辺淳一ブログ/渡辺淳一 女優/渡辺淳一 化粧/渡辺淳一 シャトー/渡辺淳一文学館/渡辺淳一 略歴/渡辺淳一 プロフィール/渡辺淳一 死去/訃報 渡辺淳一