追悼の森
堤 清二さん死去

元セゾングループ代表
堤 清二 さん死去

2013年(平成25年)11月25日 死去 享年86歳

堤清二写真 

元セゾングループ代表  堤 清二 さん死去

セゾングループ創業者で、辻井喬(つじい たかし)のペンネームで作家、詩人としても知られた 堤 清二(つつみ せいじ)さんが 2013年11月25日午前2時5分、肝不全のため東京都内の病院で死去した。 86歳だった。

父 康次郎氏の死後、「生活総合産業」との理念のもと、幅広い流通サービス企業集団「セゾングループ」を築き上げ、総売り上げ4兆円を誇る巨大企業グループを率いた。

しかし、バブル崩壊などで経営は低迷。1991年(平成3年)にグループ代表を辞任し、セゾングループは事実上、解体した。

また、実業の傍ら、執筆活動にも精力的で、小説作品では、第30回谷崎潤一郎賞を受賞した「虹の岬」や、野間文芸賞を受賞した「風の生涯」など多数がある。

人物 / 略歴

堤 清二(つつみ せいじ、1927年3月30日 ~ 2013年11月25日)

筆名は辻井 喬(つじい たかし)、横瀬 郁夫(よこせ いくお)。

◆ 略 歴

西武グループの創業者堤康次郎と、康次郎の妾(後に本妻)・青山操の間に生まれる。

1951年東京大学経済学部卒業。その後、肺結核の療養を経て、衆議院議長だった父・康次郎の秘書を務める。

1954年に西武百貨店に入社。1955年から取締役店長として百貨店を任される。

同年、処女詩集『不確かな朝』を発表。1961年刊行の詩集『異邦人』で室生犀星詩人賞受賞。

1964年、康次郎が死去。西武グループ総帥の座は、異母弟の堤義明が継ぐことになる。

スーパーマーケットである西友を急展開し、業績を拡大。また西武百貨店を渋谷に進出させた。

ホテル経営、リゾート開発へも乗り出すなどセゾングループを形成。

1983年、自伝的小説『いつもと同じ春』で平林たい子文学賞受賞。

しかしバブル崩壊により、セゾングループの経営は破綻を迎え、1991年に堤は同グループ代表を辞任。

2000年には西洋環境開発(同年清算)を含むグループの清算のため、保有株の処分益等100億円を出捐し、セゾングループは解体された。

1992年、詩集『群青、わが黙示』を上梓し高見順賞受賞。1994年、『虹の岬』で谷崎潤一郎賞受賞。2012年 - 文化功労者に選出される。

特記事項

経営の第一線を退いた後はセゾン文化財団理事長として若手芸術家の育成に力を注ぐ一方、作家活動に専念していた。

「九条の会」傘下の「マスコミ九条の会」呼びかけ人を務めていた(辻井喬名義)。

◆ 辻井 喬 / 主な著作(詩集)

◇ 不確かな朝(ユリイカ、1955年)

◇ 異邦人(ユリイカ、1961年)

◇ 宛名のない手紙(紀伊国屋書店、1964年)

◇ 辻井喬詩集 思潮社、1967

◇ 動乱の時代

◇ 誘導体(1972年)

◇ 箱または信号への固執(思潮社、1978年)

◇ ようなき人の(思潮社、1989年)

◇ 沈める城 定本 牧羊社 1991

◇ 群青、わが黙示(思潮社、1992年)

◇ 南冥・旅の終り(1993年)思潮社、1997

◇ わたつみ・しあわせな日日(1993年 思潮社)

◇ 過ぎてゆく光景 思潮社 1994

◇ 時の駕車(角川書店、1995年)

◇ 続辻井喬詩集 思潮社、1995

◇ 呼び声の彼方(思潮社、2001年)

◇ 鷲がいて(思潮社、2006年)

◇ 自伝詩のためのエスキース(思潮社、2008年)

◇ 死について(思潮社、2012年)

◆ 辻井 喬 / 主な著作(小説)

◇ 彷徨の季節の中で 新潮社(1969年)

◇ いつもと同じ春 河出書房新社(1983年)

◇ 静かな午後 河出書房新社(1984年)

◇ 不安の周辺 新潮社(1985年)のち文庫

◇ 暗夜遍歴 新潮社(1987年)

◇ けもの道は暗い 角川文庫(1989年)

◇ 国境の終り―世の終りのための四章 福武書店(1990年)

◇ ゆく人なしに 河出書房新社(1992年)

◇ 虹の岬 中央公論社(1994年)

◇ 終わりなき祝祭 新潮社(1996年)

◇ 故なくかなし 新潮社(1996年)

◇ 過ぎてゆく光景 文藝春秋(1994年)

◇ 沈める城 文藝春秋(1998年)

◇ 風の生涯 新潮社(2000年)

◇ 西行桜 岩波書店(2000年)

◇ 命あまさず―小説石田波郷 角川春樹事務所(2000年)

◇ 辻井喬コレクション 全8巻 河出書房新社

◇ 桃幻記 集英社(2003年)

◇ 父の肖像 新潮社(2004年)

◇ 萱刈 新潮社(2007年)

◇ 幻花 三月書房(2007年)

◇ 書庫の母 講談社(2007年)

◇ 遠い花火 岩波書店(2009年)

◇ 茜色の空 文藝春秋(2010年)

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
堤清二の子供/大原麗子 堤清二/堤清二 大空真弓/堤清二 現在/堤清二 息子/堤清二 サーベラス/堤清二 ロックフェラー/堤清二 朝日新聞/堤清二 顔/堤義明 堤清二/作家 辻井喬/辻井喬 詩/辻井喬 茜色の空/辻井喬 暗夜遍歴/辻井喬 講演/月 辻井喬/辻井喬 写真/辻井喬 憲法/シルクロード 辻井喬/辻井喬 大平正芳/辻井喬 プロフィール/辻井喬 略歴/辻井喬 死去/堤清二 プロフィール/堤清二 略歴/堤清二 死去