追悼の森
連城 三紀彦さん死去

直木賞作家
連城 三紀彦 さん死去

2013年(平成25年)10月19日 死去 享年65歳

連城三紀彦写真 

直木賞作家 連城 三紀彦 さん死去

小説「恋文」や「戻り川心中」などの作品で知られる直木賞作家の 連城 三紀彦(れんじょう みきひこ)さんが2013年(平成25年)10月19日午前11時25分、胃がんのため愛知県名古屋市中村区の名古屋セントラル病院で死去した。65歳だった。

1981年(昭和56年)に「戻り川心中」で日本推理作家協会賞を受賞。その後、恋愛小説も手がけ、1984年(昭和59年)には「恋文」で直木賞を受賞するなど恋愛小説家としても知られた。

また、父の実家が浄土真宗の寺であったことから、1985年に東本願寺で得度している。

人物 / 略歴

連城 三紀彦(れんじょう みきひこ、(1948年1月11日 ~ 2013年10月19日)

愛知県名古屋市出身。本名は加藤 甚吾。

早稲田大学政治経済学部卒業。

探偵小説専門誌『幻影城』でデビュー。その後、ミステリ的筆致を心理の機微を表現することに応用した恋愛小説を著すようになり、直木賞を受賞した『恋文』以降は大衆小説に執筆の主軸を移した。

2002年には『白光』、『人間動物園』とミステリー作品を連続して発表し、話題となった。

父の実家が浄土真宗の寺であったことから、1985年に東本願寺で得度している。法名は智順。

◆ 連城三紀彦 / 受賞歴

◇ 1978年 - 『変調二人羽織』で第3回幻影城新人賞受賞

◇ 1981年 - 『戻り川心中』で第34回日本推理作家協会賞(短編)受

◇ 1984年 - 『宵待草夜情』で第5回吉川英治文学新人賞受賞

◇ 1984年 - 『恋文』で第91回直木賞受賞

◇ 1996年 - 『隠れ菊』で第9回柴田錬三郎賞受賞

特記事項

若い頃からの映画好きで、大学在学中にシナリオの勉強のため、フランスへ留学した経験を持つ。

◆ 連城三紀彦 / 作品リスト(長編)

◇ 暗色コメディ(1979年6月 幻影城ノベルス / 1982年4月 ソニー・マガジンズ / 1985年6月 新潮文庫 / 2003年6月 文春文庫)

◇ 敗北への凱旋(1983年11月 講談社ノベルス / 1986年8月 講談社文庫 / 1999年3月 ハルキ文庫 / 2007年8月 講談社ノベルス)

◇ 私という名の変奏曲(1984年8月 双葉社 / 1986年4月 双葉ノベルス / 1988年1月 双葉文庫 / 1991年1月 新潮文庫 / 1999年1月 ハルキ文庫)

◇ 残紅(1985年12月 講談社 / 1989年4月 講談社文庫)

◇ 青き犠牲(いけにえ)(1986年6月 文藝春秋 / 1989年6月 文春文庫)

◇ 花墜ちる(1987年4月 毎日新聞社【上・下】 / 1990年9月 角川文庫【上・下】)

◇ 黄昏のベルリン(1988年8月 講談社 / 1991年7月 講談社文庫 / 2007年10月 文春文庫)

◇ あじさい前線(1989年1月 中央公論新社 / 1992年5月 中公文庫)

◇ 飾り火(1989年4月 毎日新聞社【上・下】 / 1992年10月 新潮文庫【上・下】)

◇ どこまでも殺されて(1990年5月 双葉社 / 1993年6月 双葉文庫 / 1995年8月 新潮文庫)

◇ 褐色の祭り(1990年11月 日本経済新聞出版社 / 1993年11月 文春文庫【上・下】)

◇ ため息の時間(1991年7月 集英社 / 1994年10月 集英社文庫)

◇ 美の神たちの叛乱(1992年5月 朝日新聞出版 / 1995年11月 新潮文庫)

◇ 愛情の限界(1993年3月 光文社 / 1996年10月 光文社文庫)

◇ 明日という過去に(1993年6月 メディアパル / 1997年4月 幻冬舎文庫)

◇ 牡牛の柔らかな肉(1993年12月 文藝春秋 / 1996年12月 文春文庫)

◇ 終章からの女(1994年4月 双葉社 / 1998年4月 双葉文庫)

◇ 花塵(1994年10月 講談社 / 1997年10月 講談社文庫)

◇ 恋(1995年2月 マガジンハウス / 1999年11月 幻冬舎文庫)

◇ 誰かヒロイン(1995年12月 双葉社 / 2009年1月 双葉文庫)

◇ 隠れ菊(1996年2月 新潮社 / 1999年3月 新潮文庫【上・下】)

◇ 虹の八番目の色(1996年4月 幻冬舎 / 1999年8月 幻冬舎文庫)

◇ 秘花(2000年9月 東京新聞出版部 / 2004年3月 新潮文庫【上・下】)

◇ ゆきずりの唇(2000年10月 中央公論新社 / 2003年10月 中公文庫

◇ 白光(2002年3月 朝日新聞出版 / 2008年8月 光文社文庫)

◇ 人間動物園(2002年4月 双葉社 / 2005年11月 双葉文庫)

◇ 流れ星と遊んだころ(2003年5月 双葉社)

◇ 造花の蜜(2008年10月 角川春樹事務所 / 2010年11月 ハルキ文庫【上・下】)

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
連城三紀彦 流れ星/連城三紀彦 短編集/連城三紀彦 おすすめ/女王 連城三紀彦/白光 連城三紀彦/連城三紀彦 最新作/連城三紀彦 ゆきずりの唇/連城三紀彦 作品リスト/連城三紀彦 隠れ菊/恋文 連城三紀彦/連城三紀彦 プロフィール/連城三紀彦 略歴/連城三紀彦 死去