追悼の森
なだいなだ さん死去

作家、精神科医
なだ いなだ さん死去

2013年(平成25年)6月6日 死去 享年83歳

なだ いなだ写真 なだ いなだ画像

作家、精神科医 なだ いなだ さん死去

作家で精神科医の なだ いなだ(本名は堀内 秀 = ほりうち しげる)さんが2013年(平成25年)6月6日、死去した。83歳だった。

慶應義塾大学医学部在学時にフランスに留学し、フランス人女性と結婚。帰国後、四女をもうけた。

娘たちに人生を語りかけた「パパのおくりもの」や「人間、この非人間的なもの」「権威と権力」「老人党宣言」など多数の著書がある。

鋭い文明考察とユーモアあふれる文章で幅広い執筆活動を続けた。

人物 / 略歴

なだ いなだ(1929年6月8日 ~ 2013年 6月8日 )

東京都に生まれる。本名は堀内 秀(しげる)。

◆ 略 歴

慶應義塾大学医学部卒。

大学時代にアテネフランセで学びフランス語が堪能で、フランス政府給費留学生制度により留学した。フランス人女性と結婚、日本に帰国し四女をもうける。

小説家としては1959年から1967年にかけて、「海」「帽子を…」「神話」「トンネル」「童話」「しおれし花飾りのごとく」の6作で芥川賞にのぼるが、いずれも落選している。

医師としての専門は精神科で、アルコール中毒(現在のアルコール依存症)をメインテーマとしていた。

1988年から1990年まで明治学院大学国際学部の教授を務め、人間論を講じる。

2003年に筑摩書房から出版した『老人党宣言』をきっかけに、インターネット上のヴァーチャル政党「老人党」を立ち上げ、活動をおこなった。

特記事項

2013年6月8日の誕生日(84歳)に当たって、すでに死去していたことが判明したと報道された。

◆ なだ いなだ / 主な著書(1990年以降)

◇ どうしたらいいの ? 子供のホンネ親の本音(ファラオ企画)1990

◇ 君はクジラを見たか(NOVA出版)1992

◇ 民族という名の宗教 人をまとめる原理・排除する原理 岩波新書 1992.1

◇ アルコール中毒 物語風(五月書房)1992

◇ こころの昼と夜(三笠書房 (知的生きかた文庫)1993

◇ やぶ医者が見た日本の医療(アドバンテージサーバ)1993

◇ こころ医者の手帳 毎日新聞社 1993.10 のちちくま文庫

◇ 猫と海賊(偕成社、絵:小幡堅)1995

◇ いじめを考える(岩波ジュニア新書、1996)

◇ 孫のための「まごまご塾」(中央公論社)1998

◇ アルコール問答(岩波新書)1998

◇ こころの七クセ(金子書房、1999)

◇ つむじ先生の処方箋(五月書房、1999)

◇ こころを育てる―杉林がいいか雑木林がいいか (ジャパンタイムズ、2000)

◇ 人間、とりあえず主義(筑摩書房)2002

◇ 神、この人間的なもの 宗教をめぐる精神科医の対話(岩波新書)2002

◇ 老人党宣言(筑摩書房)2003

◇ 専門馬鹿と馬鹿専門 つむじ先生の教育論(筑摩書房)2005

◇ こころの底に見えたもの ちくまプリマー新書、2005

◇ ふり返る勇気(筑摩書房)2006

◇ こころ医者入門 日本放送出版協会 2006.10 (NHKシリーズ) 「こころ医者講座」ちくま文庫

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
なだいなだ 死去/なだいなだ 夫人/なだいなだ著/なだいなだ 子供/なだいなだ アルコール/なだいなだ 本/なだいなだ とりあえず今日を生き/なだいなだを偲ぶ会/心の底をのぞいたら なだいなだな/だいなだ 画像/なだいなだ 感想文/なだいなだ プロフィール/なだいなだ 略歴