追悼の森
中沢 啓治さん死去

漫画家 中沢啓治 さん死去

2012年(平成24年)12月19日 死去 享年73歳

中沢啓治写真 

漫画家 中沢啓治 さん死去

自身の被爆体験を元にした漫画「はだしのゲン」で知られ、原爆の恐ろしさを伝え続けた漫画家の 中沢 啓治(なかざわ けいじ)さんが2012年(平成24年)12月19日午後2時10分、肺がんのため広島市中区基町の広島市民病院で死去した。73歳だった。

6歳の時に広島で被爆。自身は奇跡的に助かるが、父、姉、弟を失った。

1973年(昭和48年)に、連載を始めた自伝的作品「はだしのゲン」(週刊少年ジャンプ =集英社= )は、絵本なども含めて1千万部を超すベストセラーとなり、18カ国語に翻訳された。

人物 / 略歴

中沢 啓治(なかざわ けいじ、1939年(昭和14年)3月14日 ~ 2012年(平成24年)12月19日)

広島県広島市舟入本町(現:広島市中区舟入本町)出身。本名同じ。漫画家。

◆ 略 歴

1945年(昭和20年)8月6日、広島市立神崎国民学校(現在の広島市立神崎小学校)1年生だった時に広島で被爆。

代表作『はだしのゲン』等、広島市への原子爆弾投下による自身の被爆体験を元に、戦争・平和を題材とした作品を数多く発表している。

特記事項

◆ 漫画作品 (原爆・戦争関係)

◇ おれは見た - 『はだしのゲン』の原型となった中沢啓治の自伝漫画。
◇ むらさき色のピカ - 被爆者女性教員が紫色を嫌う理由が描かれている。
◇ 永遠のアンカー
◇ 出発の歌
◇ 拍子木の歌
◇ いつか見た青い空
◇ 黒い雨にうたれて
◇ 黒い河の流れに
◇ 黒い鳩の群れに
◇ オキナワ - 『週刊少年ジャンプ』連載作品。
◇ ある日突然に
◇ 何かが起きる
◇ 赤とんぼの歌
◇ ゲキの河 - 戦前の広島市が舞台の作品。
◇ チンチン電車の詩
◇ ユーカリの木の下で
◇ あの街この街
◇ いいタマ一本
◇ クロがいた夏 - 絵本。1990年(平成2年)にアニメ化されている。

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
中沢啓治 作品/中沢啓治 わたしの遺書/中沢啓治 共産党/中沢啓治 小林よしのり/中沢啓治 徹子の部屋/中沢啓治 子供/中沢啓治 家族/中沢啓治 兄/中沢啓治 創価学会/はだしのげん 中沢啓治/中沢啓治 プロフィール/中沢啓治 略歴