追悼の森
丸谷 才一さん死去

作家 丸谷才一 さん死去

2012年(平成24年)10月13日 死去 享年87歳

丸谷才一写真 

作家 丸谷 才一 さん死去

作家の 丸谷 才一(まるや さいいち)さんが2012年(平成24年)10月13日、心不全のため東京都内の病院で死去した。87歳だった。

豊かな教養を背景に「笹まくら」や「たった一人の反乱」など、知的で明るい物語性に満ちた小説を書き続けた。

1968年には「年の残り」で芥川賞を受賞した。

人物 / 略歴

丸谷 才一(まるや さいいち、1925年(大正14年)8月27日 ~ 2012年(平成24年)10月13日)

山形県鶴岡市生まれ。

◆ 略 歴

1950年、東京大学文学部英文科卒業。

1952年、篠田一士、菅野昭正、川村二郎らとともに季刊同人雑誌『秩序』を創刊。同誌に『エホバの顔を避けて』を連載。

主な作品に『笹まくら』、『年の残り』、『たつた一人の反乱』、『裏声で歌へ君が代』、『女ざかり』など。

小説の傍ら『忠臣蔵とは何か』、『後鳥羽院』、『文章読本』などの評論・エッセイも多数発表。

1968年には「年の残り」で芥川賞を受賞した。

2011年秋に文化勲章を受章した。

特記事項

1991年、種田山頭火を扱った『横しぐれ』の英訳がイギリスのインディペンデント外国小説賞特別賞受賞。

1975年、「四畳半襖の下張事件」において、被告人野坂昭如の特別弁護人として出廷。

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
丸谷才一全集 文藝春秋/丸谷才一 共産党/丸谷才一 エッセイ/文芸春秋 丸谷才一/丸谷才一 お別れの会/丸谷才一 おすすめ/丸谷才一全集 文芸春秋/丸谷才一 村上春樹/笹まくら 丸谷才一/丸谷才一 あいさつは一仕事/丸谷才一 プロフィール/丸谷才一 略歴