追悼の森
林 光さん死去

作曲家 林 光 さん死去

2012年(平成24年)1月5日 死去 享年80歳

林光写真 

作曲家 林光 さん死去

「セロ弾きのゴーシュ」などの日本語オペラで知られる作曲家の林 光(はやし ひかる)さんが2012年(平成24年)1月5日午後6時33分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。80歳だった。

昨年9月下旬に転倒して頭を打ち入院療養していた。

平和運動で積極的に発言し、原民喜の詩をテキストに合唱組曲「原爆小景」を作曲。

毎夏、この曲を中心にしたコンサートが催されている。

人物 / 略歴

林 光(はやし ひかる、1931年10月22日 ~ 2012年1月5日)

東京府出身。日本の作曲家である。

◆ 略 歴

慶應義塾高等学校で遠山一行の授業を受ける。東京藝術大学作曲科中退。

尾高尚忠に師事し、管弦楽を含め作品を多く発表したが、合唱組曲「原爆小景」が特に有名である。

また日本語による歌劇の可能性を求めて、多くの歌劇作品を書き、オペラシアターこんにゃく座の座付き音楽監督、作曲家をつとめた。

1953年には外山雄三、間宮芳生らと共に「山羊の会」を旗揚げした。このほか、宮沢賢治の音楽作品を広める活動も行った。

日本教職員組合の教育研究全国集会音楽分科会の助言者(講師)を長く務めた。

2度の尾高賞(1955年、1996年)、第30回サントリー音楽賞(1998年)など受賞多数。1996年紫綬褒章。

特記事項

◆ 林光 主な作品

◇ こどもの交響曲(1942年)

◇ 序曲ハ短調(1944年)

◇ フルートと管弦楽のための牧歌(パストラーレ)(1946年)

◇ スケルツォ・サンフォニック(交響的スケルツォ)(1946年)

◇ 交響管弦楽のための一章(1952~1953年)

◇ 交響曲ト調(第1番)(1953年)

◇ 交響曲第2番『さまざまな歌』(1983年)

◇ 交響曲第3番『八月の正午に太陽は…』(1990年)

◇ ヴィオラ協奏曲『悲歌』(1995年)第44回尾高賞受賞

◇ オーケストラのための童話『セロ弾きのゴーシュ』 など多数

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
林光 プロフィール/林光 略歴/林光 お別れの会/林光 ちょっとしたけんか/林光 うた/林光 校歌/星めぐりの歌 林光/林光 ねがい/林光の男と女/林光産業/林光院/林光 大阪/林光 作曲家/林光 原爆小景/林光 こんにゃく座/林光 山羊の会