追悼の森
新藤 兼人さん死去

映画監督 新藤兼人 さん死去

2012年(平成24年)5月29日 死去 享年100歳

新藤兼人写真 

映画監督 新藤兼人 さん死去

日本映画界の現役最長老監督で、文化勲章受章者の新藤 兼人(しんどう かねと)さんが2012年(平成24年)5月29日午前9時24分、老衰のため東京都港区の自宅で死去した。100歳だった。

「原爆の子」や「裸の島」など多くの社会派の作品で国際的に高い評価を受けた。

2002年(平成14年)に文化勲章を受章した。

先月22日には100歳を迎え、誕生会に集まった映画人を前に「これが最後の言葉です。どうもありがとう。さようなら」と挨拶をしていた。

人物 / 略歴

新藤 兼人(しんどう かねと、1912年4月22日 ~ 2012年5月29日)

本名は新藤 兼登(読み方同じ)。

近代映画協会会長。広島県名誉県民、広島市名誉市民、広島県三原市名誉市民。

次男の新藤次郎は映画プロデューサー及び近代映画協会社長、孫の新藤力也はDDTプロレスリングのリング・アナウンサー兼広報、新藤風は映画監督。

◆ 略 歴

1912年、広島県佐伯郡石内村(現・広島市佐伯区五日市町)に生まれる。

1947年、吉村公三郎と組んで『安城家の舞踏会』を発表。大ヒットしキネマ旬報ベストテン1位も獲得。

その後は吉村とのドル箱コンビで『わが生涯のかゞやける日』(1948年)などのヒット作を連発。木下惠介にも『結婚』、『お嬢さん乾杯!』を書く。

1950年、松竹を退社して独立プロダクションの先駈けとなる近代映画協会を吉村、殿山泰司らと設立。

1951年、『愛妻物語』で39歳にして宿願の監督デビューを果たす。

1952年、原子爆弾を取り上げた映画『原爆の子』を発表。チェコ国際映画祭平和賞、英国フィルムアカデミー国連賞、ポーランドジャーナリスト協会名誉賞など多くの賞を受けた。

私生活では新藤には妻子がいたものの、この頃より主演の乙羽信子と愛人関係になる。

妻を亡くした後、1978年に愛人で同志だった乙羽信子と入籍し、その後『午後の遺言状』が乙羽との遺作となった。

特記事項

2012年4月22日、100歳を迎え、東京都内で誕生会が開かれ、集まった映画人を前に「これが最後の言葉です。どうもありがとう。さようなら」と挨拶した。

◆ 主な監督作品(1990年以降)

◇ 1992年 - 『ぼく東綺譚』 - キネマ旬報ベストテン9位

◇ 1995年 - 『午後の遺言状』 - モスクワ国際映画祭ロシア批評家賞、キネマ旬報ベストテン1位、日本アカデミー賞最優秀作品賞

◇ 1999年 - 『生きたい』 - モスクワ映画祭グランプリ・国際批評家連盟賞、ロシア批評家賞

◇ 2000年 - 『三文役者』 - モントリオール映画祭特別グランプリ、キネマ旬報ベストテン6位

◇ 2003年 - 『ふくろう』 - モスクワ映画祭功労賞

◇ 2008年 - 『石内尋常高等小学校 花は散れども』

◇ 2011年 - 『一枚のハガキ』 - 第23回東京国際映画祭審査員特別賞、第36回報知映画賞特別賞、キネマ旬報ベストテン1位

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
新藤兼人 乙羽信子/新藤兼人 作品/新藤兼人 絞殺/新藤兼人 告別式/ベニチオデルトロ 新藤兼人/新藤兼人 心/人間 新藤兼人/新藤兼人賞/一枚のハガキ 新藤兼人/新藤兼人 落葉樹/新藤兼人 プロフール/新藤兼人 略歴