追悼の森
大石 尚子さん死去

民主党参議院議員
大石 尚子 さん死去

2012年(平成24年)1月4日 死去 享年75歳

大石尚子写真 大石尚子写真

民主党参議院議員 大石 尚子 さん死去

民主党の大石 尚子(おおいし ひさこ)参院議員(比例)が2012年(平成24年)1月4日午後4時26分、呼吸不全のため東京都内の病院で死去した。75歳だった。

2000年6月、第42回衆議院議員総選挙に民主党公認で神奈川4区より立候補し、初当選。連続2期当選。

2007年7月、参議院議員通常選挙に比例区から出馬し落選(次点)したが、同年12月、山本孝史の逝去に伴い、繰上げで当選した。

人物 / 略歴

大石 尚子(おおいし ひさこ、1936年8月26日 ~ 2012年1月4日)

民主党所属参議院議員。民主党参議院比例区第11総支部代表を務めた。

母方祖父は日本海海戦で連合艦隊作戦参謀を務めた秋山真之海軍中将。

◆ 略 歴

◇ 父、大石宗次(海兵54期)、母、宜子(海兵17期秋山真之の次女)の長女として、広島県江田島の官舎に生まれる。

◇ 神奈川県鎌倉市在住。

◇ 横浜国立大学附属小学校、横浜国立大学附属中学校、神奈川県立鎌倉高等学校、横浜国立大学学芸学部心理学科卒業。

◇ 神奈川県立教育センター調査部研究部研究科主事、神奈川県立外語短期大学講師

◇ 昭和46年(1971年)4月、衆議院議員曽祢益(民社党)の薦めにより、神奈川県議会議員選挙に立候補し当選。

◇ 民社党では、中央執行委員、女性局長を歴任。

◇ 平成元年(1989年)7月、第15回参議院議員通常選挙に民社党公認で神奈川県選挙区より立候補するも、落選。

◇ 平成2年(1990年)2月、第39回衆議院議員総選挙に民社党公認で旧神奈川5区より、立候補するも落選。

◇ 平成4年(1992年)7月、第16回参議院議員通常選挙に民社党公認で神奈川県選挙区より立候補するも、落選。

◇ 平成12年(2000年)6月、第42回衆議院議員総選挙に民主党公認で神奈川4区より立候補し、初当選。連続2期当選。

◇ 在職中は、安全保障委員会筆頭理事、文部科学常任委員会理事、民主党国会対策副委員長、政策調査会副会長、「次の内閣」防衛庁副長官を歴任した。

◇ 平成14年(2002年)1月、現職国会議員としては初めて、テロ対策特別措置法に基づきインド洋へ派遣されていた海上自衛隊艦船を単身訪問した。

特記事項

◇ 静岡空港建設反対の国会議員署名活動で署名者に加わっている。

◇ 平成19年(2007年)7月29日実施の第21回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し、落選(次点)。

◇ 同年12月、山本孝史の逝去に伴い、同選挙次点(21位)だった大石が繰上げで初当選。

◇ 平成22年(2010年)、参議院の懲罰委員長に就任。

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
/大石 尚子 プロフィール/大石 尚子 略歴/大石尚子 告別式/大石尚子 2ch/大石尚子 税理士/大石尚子 葬儀/民主党 大石尚子/大石尚子 画像/大石尚子 小沢/大石尚子の家族/大石尚子 通夜/大石尚子 参議院議員