追悼の森
坂井 宏朱さん死去

女子オートレーサー
坂井 宏朱 さん死去

2012年(平成24年)1月15日 死去 享年27歳

坂井宏朱写真 

女子オートレーサー 坂井 宏朱 さん死去

オートレースの人気女性レーサー、坂井宏朱(さかい ひろみ)さんが2012年(平成24年)1月15日午後4時20分ごろ、千葉県船橋市浜町の船橋オートレース場で走行練習中にバランスを崩し転倒し、コース脇の鉄製フェンスに激突。

レース場内の医務室に運ばれたが、頭蓋骨骨折で午後5時13分死亡が確認された。27歳だった。

OLから転身し44年ぶりの女子オート選手として話題となったが、デビューからわずか6カ月で帰らぬ人となった。

人物 / 略歴

坂井 宏朱 (さかい ひろみ、1984年2月25日 ~ 2012年1月15日)

日本の女子オートレーサー(船橋オートレース場所属)。所有車は、「Jロビンソン「ポジティブ」。

◆ 略 歴

神奈川県立横浜立野高等学校を経て、法政大学法学部政治学科を2007年に卒業。

法大時代は、野球部のマネージャーを務めた。その後、JTB法人東京に入社。

2010年6月24日、佐藤摩弥とともに、女子受験者としてオートレース第31期養成員試験に合格した。

合格発表後にJTBを退社し、同年9月、茨城県下妻市に所在するオートレース選手養成所に入所した。

2011年7月8日に養成所を卒業し、佐藤と共に44年ぶりの女子オートレーサーとなった。

7月30日に船橋オートレース場でデビュー(8着)し、8月21日の同場で初勝利を挙げた。

2012年1月15日、午後4時5分過ぎからの走行練習に参加したが、この時第1コーナーで落車、すぐに医務室に搬送され応急処置が施された。

坂井は重度の全身打撲や頭蓋骨骨折などにより、午後5時13分に死亡が確認された。

特記事項

◆ オート界における死亡事故

まだ27歳の若さで、レースデビューからわずか半年での殉職となり、通算成績は22戦1勝と上述の初勝利が生涯唯一の勝利となった。

オート界における死亡事故は、2009年9月27日に飯塚7Rで永井秀樹(伊勢崎)がレース中の事故で亡くなって以来93件目(練習中では5件目)。

また、坂井が生前に臓器提供の意思を表していたことから、事故で受傷しなかった角膜が提供されたことが明らかにされた。

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
坂井宏朱 プロフィール/坂井宏朱略歴/坂井宏朱 事故映像/坂井宏朱 フライデー/坂井宏朱 一周忌/坂井宏朱 森且行/坂井宏朱 事故/坂井宏朱 永井大介/坂井宏朱 フジテレビ/坂井宏朱 2ch/坂井宏朱#mode=search/坂井宏朱 Wiki/オートレース 坂井宏朱