追悼の森
北 杜夫さん死去

作家 北 杜夫 さん死去

2011年(平成23年)10月24日 死去 享年84歳

北杜夫写真 

作家 北杜夫 さん死去

ユーモアあふれるエッセー「どくとるマンボウ」シリーズで人気を博し、「楡(にれ)家の人びと」などの小説で知られる作家の 北 杜夫(きた もりお)さんが、2011年(平成23年)10月24日午前6時2分、腸閉塞のため東京都内の病院で死去した。84歳だった。

同月21日にインフルエンザの予防接種を受け、翌日から体調を崩し入院していた。

人物 / 略歴

北 杜夫(きた もりお、本名:斎藤 宗吉(さいとう そうきち)、1927年5月1日 ~ 2011年10月24日)

日本の小説家、エッセイスト、精神科医、医学博士。

◆ 略 歴

東京市赤坂区青山南町(現在の東京都港区南青山)に、母・斎藤輝子、父・茂吉の次男として生まれる。

生家は母・輝子の実父、斎藤紀一が創設した精神病院、「青山脳病院」であった。

旧制松本高校に入学。

文学以外には卓球部のキャプテンを務め、インターハイに出場した。

東北大学医学部へ進学。大学卒業後、慶應義塾大学病院のインターンとなった。

医師として勤める傍ら、同人雑誌『文藝首都』に参加。1959年、『文藝首都』に連載した『幽霊』を、田畑の『祭壇』とともに自主出版する。

ナチス・ドイツの「夜と霧作戦」をモチーフにした『夜と霧の隅で』で、1960年に第43回芥川龍之介賞を受賞。

以降、小説、エッセイとも、特に若い読者から熱狂的に支持される人気作家となった。

特記事項

壮年期より躁うつ病(双極Ⅰ型障害)に罹患。みずからの病状をエッセーなどでユーモラスに記し、世間の躁うつ病に対するマイナスイメージを和らげるのに一役買うこととなった。

◆ 晩 年

1996年には日本芸術院会員となった。

2006年、新聞に自伝、『私の履歴書』(日本経済新聞)を連載。

2008年にはテレビのトーク番組 『徹子の部屋』(テレビ朝日)に28年ぶりに出演した。

2010年には「週刊文春」連載の「新・家の履歴書」に登場し、在りし日の斎藤家を回想した。

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
北杜夫と家族のユーモア闘病記 再放送/北杜夫 孫/北杜夫 双極性障害/北杜夫と家族のユーモア闘病記/北杜夫 喜美子/ぼくのおじさん 北杜夫/北杜夫 ドラマ/北杜夫 画像/北杜夫 破産/北杜夫記念館/北杜夫 プロフィール/北杜夫 略歴