追悼の森
鳴戸親方死去

大相撲元横綱 隆の里
鳴戸親方 死去

2011年(平成23年)11月7日 死去 享年59歳

鳴戸親方写真 

鳴戸親方(元横綱隆の里) 死去

大相撲の鳴戸親方(元横綱隆の里)が2011年(平成23年)11月7日午前9時51分、急性呼吸不全のため福岡市内の病院で死去した。59歳だった。

九州場所開催を前に福岡入りしていた。

前日も市内の鳴戸部屋宿舎で通常通り朝稽古の指導をしていたが、7日朝は稽古場に姿を見せていなかった。

人物 / 略歴

隆の里 俊英(たかのさと としひで、1952年(昭和27年)9月29日 ~ 2011年(平成23年)11月7日)

青森県南津軽郡浪岡町(現在の青森市)出身。二子山部屋所属の元大相撲力士、第59代横綱。

本名は高谷俊英(たかや としひで)。

引退後は年寄・鳴戸を襲名。鳴戸部屋師匠として稀勢の里、若の里、隆乃若ら7人の関取を育成した。

◆ 略 歴

二子山親方が、故郷の青森県に来て、下山勝則(後の若三杉、2代若乃花)をスカウトした後、タクシーに乗ると、運転手が「親方、浪岡にも大きいのがいますよ」と言うので紹介を頼んだ。これが高谷俊英、後の隆の里だった。

浪岡高校(柔道に励んでいた)を中退して二子山部屋に入門することを決める。

1968年(昭和43年)7月場所で初土俵を踏む。

1975年5月場所新入幕。

1982年(昭和57年)1月場所後に当時最スローの82場所で大関に昇進した。

1983年(昭和58年)7月場所で14勝1敗で2度目の優勝。場所後に第59代横綱に昇進する。

特記事項

幕下だった1972年(昭和47年)に、暴飲暴食による糖尿病を患った。

糖尿病の苦しみに耐えながら時間をかけて横綱に上り詰めた姿から、新聞は当時の人気ドラマ『おしん』(NHK連続テレビ小説)になぞらえ「おしん横綱誕生」とその昇進を伝えた。

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
現鳴戸親方/鳴戸親方 家族/大鳴戸親方/相撲 八百長 大鳴戸親方/鳴戸親方 Wiki/大相撲 鳴戸親方/新鳴戸親方隆の里の鳴戸親方/先代鳴戸親方/鳴戸親方 インスリン/鳴戸親方 プロフィール/鳴戸親方 略歴