追悼の森
内藤 陳さん死去

コメディアン
内藤 陳 さん死去

2011年(平成23年)12月28日 死去 享年75歳

内藤陳写真 内藤陳画像

内藤 陳 さん死去

コメディアンで、冒険小説の書評でも人気を集めた内藤 陳(ないとう ちん)さんが2011年(平成23年)12月28日午後10時19分、食道がんのため東京都内の病院で死去した。75歳だった。

ここ数年は直腸がんを発症し、入退院を繰り返していた。

最期はベッドではなく、病室から出た内藤さんお気に入りの場所で、いすに腰掛けて、苦しむことはなかったという。

人物 / 略歴

内藤 陳(ないとう ちん、1936年9月18日 ~ 2011年12月28日)

日本のコメディアン、俳優、書評家(但し、自身は「面白本のオススメ屋」とコメント)。東京都出身。

◆ 略 歴

日本大学芸術学部中退。

中学2年生のとき父親から勘当されて家出。役者を志し、喫茶店のボーイや八百屋の荷車引き、選挙運動の旗持ち、サンドイッチマン、大道芸人などの職を転々とする。

1963年夏、ストリップ劇場のコメディアン仲間と共にトリオ・ザ・パンチを結成し「おら(=俺)、ハードボイルドだど!」などのギャグで人気を博す。

1981年からは月刊プレイボーイ誌で「読まずに死ねるか!」を連載し、冒険小説やハードボイルド小説を紹介。

特記事項

新宿のゴールデン街にバー「深夜プラスワン」(ギャビン・ライアルの作品から頂いた)を経営していた。

◆ 主な出演作品(映画)

◆ 落語野郎 大爆笑 (1967)

◆ 落語野郎 大泥棒 (1967)

◆ 頑張れ! 日本男児 (1970)

◆ 下落合焼とりムービー (1979)

◆ キッドナップブルース (1982)

◆ 麻雀放浪記 (1984)

◆ 玄海つれづれ節 (1986)

◆ さらば愛しき人よ (1987)

◆ 日本殉情伝 おかしなふたり (1988)

◆ 香港パラダイス (1990)

◆ 心臓抜き (1992)

◆ 月はどっちに出ている (1993)

◆ SAEKO (1994)

◆ 女ざかり(1994)

◆ しずかなあやしい午後に (1997)

◆ 麗猫伝説 劇場版 (1998)

◆ これでいいのだ!!映画 ★ 赤塚不二夫(2011年) ※遺作

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
内藤陳 画像/内藤陳 コロッケ/内藤陳 お別れの会/内藤陳 ルパン/内藤陳氏/内藤陳氏死去/内藤陳 椿山荘/内藤陳 空耳/内藤陳 ブログ/内藤陳 お別れ会/内藤陳 プロフィール/内藤陳 略歴