追悼の森
二葉 あき子さん死去

歌手 二葉あき子 さん死去

2011年(平成23年)8月16日 死去 享年96歳

二葉あき子写真 

歌手 二葉あき子 さん死去

「フランチェスカの鐘」「水色のワルツ」などで知られた歌手の二葉 あき子(ふたば あきこ)さんが2011年(平成23年)8月16日午前3時30分、急性心不全のため広島市内の養護施設で死去した。96歳だった。

東京音楽学校(現、東京芸大)卒業後、1936年に歌手デビュー。

表現力に富み、歌のうまさを高く評価された。多くのヒット曲と共に、淡谷のり子さんや笠置シヅ子さんらと人気を競った。

1982年に紫綬褒章を受章。1990年には勲四等瑞宝章を受章。

人物 / 略歴

二葉 あき子(ふたば あきこ、1915年2月2日 ~ 2011年8月16日)

本名は加藤芳江。

広島県広島市大須賀町二葉(現在の東区二葉の里)出身。芸名は二葉の里で安芸の国と地元からとる。

◆ 略 歴

広島県立広島高等女学校(現在の広島皆実高等学校)を経て、1935年、東京音楽学校(現在の東京芸術大学音楽学部)師範科卒業。

1936年、コロムビアの専属となる。「愛の揺り籃」が最初のレコードだった。

1939年、松竹映画『春雷』の主題歌「古き花園」が大ヒットすると人気歌手としての声価を得る。

NHK紅白歌合戦にも1951年の第1回から1959年の第10回まで10回連続出場した。

渡辺はま子・淡谷のり子・松島詩子・笠置シヅ子と並ぶ創世記の紅白を代表する女性スターでもあった。

1982年に紫綬褒章、1990年には勲四等瑞宝章を受章。

特記事項

彼女の死去により、第1回NHK紅白歌合戦に出場した歌手の存命者は、記念すべき歌唱者第1号でもある菅原都々子ただ1人となった。

◆ 二葉あき子 主な作品(1950年以降)

◆ 「誕生日の午後」 (1950年2月発売)

◆ 「水色のワルツ」 (1950年2月発売)

◆ 「村の一本橋」 (1950年4月発売)

◆ 「想い出のプラットホーム」 (1950年4月発売)

◆ 「星のためいき」 (1950年6月発売)

◆ 「バラと蜜蜂」 (1950年7月発売)

◆ 「ボヘミアの夜」 (1950年11月発売)

◆ 「えり子の歌」 (1951年4月発売)

◆ 「巴里の夜」 (1951年6月発売)

◆ 「モロッコから来た女」 (1951年9月発売)

◆ 「屋台の女」 (1952年1月発売)

◆ 「雨の日暮れ」 (1952年5月発売)

◆ 「三色すみれ」 (1952年5月発売)

◆ 「夜のミロンガ」 (1952年11月発売)

◆ 「夜汽車の女」 (1955年4月発売)

◆ 「忘れじの君いずこ」 (1956年2月発売)

◆ 「オリーブの歌」 (1957年9月発売)

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
二葉あき子 岸壁の母/二葉あき子 老人ホーム/二葉あき子 画像/二葉あき子 CD/二葉あき子 三色すみれ/二葉あき子 坂本冬美/二葉あき子 葬儀/忘れな草の歌 二葉あき子/二葉あき子 風/別れても 二葉あき子/二葉百合子 プロフィール/二葉百合子 略歴