追悼の森
立川 談志さん死去

落語家 立川談志 さん死去

2011(平成23年)11月21日 死去 享年75歳

立川談志写真 

落語家 立川談志 さん死去

歯にきぬ着せぬ毒舌で注目を集めた落語家で元参院議員の立川 談志(たてかわ だんし)さんが2011(平成23年)11月21日午後2時24分、喉頭がんのため東京都内の病院で死去した。75歳だった。

平成9年に食道がんを告白。手術後、活動を休止し20年に高座に復帰したものの、昨年11月に喉頭がんがの再発が見つかっていた。

今年3月6日の一門会が最後の高座となった。

人物 / 略歴

立川 談志(たてかわ だんし、1936年(昭和11年)1月2日 ~ 2011年(平成23年)11月21日)

落語家、落語立川流家元。本名、松岡 克由(まつおか かつよし)。

東京府小石川区(現在の東京都文京区)出身。

政治家として参議院議員を1期、沖縄開発庁の政務次官を36日間務めた。サイバー大学客員教授。

◆ 概 説

古典落語に広く通じ、現代と古典との乖離を絶えず意識しつつ、長年にわたって理論と感覚の両面から落語に挑み続けていた。

天才と称されるがその荒唐無稽、破天荒ぶりから好き嫌いが大きく分かれる落語家の一人でもあった。

落語の他、講談、漫談をも得意とするなど、芸域の広さで知られた。

自ら落語立川流を主宰し、「家元」を名乗る。

特記事項

落語口演の活字化のほか、落語に関するエッセイ的な考察を多数著している。

◆ 立川 談志 著書

◆ 『現代落語論』三一書房 1965年

◆ 『あなたも落語家になれる』三一書房 1985年

◆ 『談志人生全集』

◆ 『立川談志独り会』 三一書房

◆ 『新釈 落語咄』中央公論社 1995年

◆ 『新釈 落語咄 PART II』中央公論社 1999年

◆ 『談志楽屋噺』

◆ 『談志百選』

◆ 『食い物を粗末にするな』講談社 2000年

◆ 『談志絶倒 昭和落語家伝』

◆ 『談志映画噺』

◆ 『人生、成り行き』

◆ 『談志 最後の落語論』

◆ 『談志 最後の根多帳』

◆ 『談志の落語』

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
立川談志三回忌 特別公演 立川流 談志まつり/奥田民生 立川談志/松本人志 立川談志/立川談志 ドラマ/立川談志 情熱大陸/太田光 立川談志/立川談志の弟子/立川談志 おぎやはぎ/上岡龍太郎 立川談志/人生、成り行き 天才落語家立川談志/立川談志 一門/立川談志 癌/立川談志 プロフィール/立川談志 略歴