追悼の森
中村 芝翫さん死去

歌舞伎役者(人間国宝)
中村 芝翫 さん死去

2011年(平成23年)10月10日 死去 享年83歳

中村芝翫写真 

人間国宝 中村芝翫 さん死去

古風で端正な女形として知られた中村 芝翫(なかむら しかん)さんが2011年(平成23年)10月10日午前零時50分、肝不全のため東京都内の病院で死去した。83歳だった。

5歳で中村児太郎を名乗り初舞台を踏み、1967年、七代目芝翫を襲名。歌舞伎界を代表する女形として活躍。

6年前に肝臓がんが発覚し、病と闘ってきた。

最期は長男、中村福助(50歳)や、孫たちに看取られ天国へと旅だった。

人物 / 略歴

七代目 中村 芝翫(なかむら しかん、1928年(昭和3年)3月11日 ~ 2011年(平成23年)10月10日)

歌舞伎役者。屋号は成駒屋、定紋は祇園守、替紋は裏梅。俳名に梅莟。

本名は、はじめ中村 眞喜雄(なかむら まきお)、のち中村 榮次郎(なかむら えいじろう)。

重要無形文化財保持者(人間国宝)。没後に正四位と旭日重光章追贈。

◆ 略 歴

早世した成駒屋五代目中村福助の子。

1933年(昭和8年)11月歌舞伎座『桐一葉』の女童で初舞台、四代目中村児太郎を名乗る。

1941年(昭和16年)10月歌舞伎座『戻駕色相肩』(戻駕)の禿たより、および『仮名手本忠臣蔵・九段目』小浪で七代目中村福助を襲名。

◆ 2008年(平成20年)には日本俳優協会の会長に就任。
◆ 2009年(平成21年)には伝統歌舞伎保存会の会長に就任。

2011年9月1日の新橋演舞場『沓手鳥孤城落月』の淀君と『口上』に出演したのが最後の舞台となった。

特記事項

◆ 逸 話

◆ 5歳で父を、12歳で祖父を失った。後見の祖父が亡くなるまでは「坊ちゃん」と呼んでくれていた人が祖父の葬儀で「坊主、座布団を持って来い」と態度を変えるのを目の当たりにしたと言う。

◆ 少年時代こそ不遇ではあったが、その生涯においては家族に恵まれ、死去のときまでには四子、六孫、一曾孫の11人の大家族となっている。

◆ 大向こうの掛け声は屋号の「成駒屋」のほかに、芝翫邸が東京都港区神谷町に在することから「神谷町」とかかったこともある。

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
中村芝翫 死去/中村芝翫 家系図/中村芝翫は誰が継ぐ/中村芝翫の子ども達/中村芝翫 写真/中村芝翫 宗教/中村芝翫 Wiki/中村芝翫 画像/中村勘三郎 中村芝翫/中村芝翫 好江/中村芝翫 プロフィール/中村芝翫 略歴