追悼の森
井上 ひさしさん死去

作家 井上ひさし さん死去

2010年(平成22年)4月10日 死去 享年75歳

井上ひさし写真 

作家 井上ひさし さん死去

劇作家や小説家として幅広い分野で活躍した井上ひさし(いのうえ ひさし)さんが2010年(平成22年)4月10日10時22分、肺がんのため神奈川県鎌倉市の自宅で死去した。75歳だった。

『ひょっこりひょうたん島』や『吉里吉里人』など、多くの人に親しまれた戯曲や小説を世に送り出した。

2009年10月に肺がんが見つかってからも病と闘いながら新作執筆への意欲を見せていたという。

人物 / 略歴

井上 ひさし(いのうえ ひさし、1934年11月17日 ~ 2010年4月9日)

文化功労者、日本藝術院会員。

本名は井上 廈(いのうえ ひさし)。

◆ 略 歴

日本劇作家協会理事、社団法人日本文藝家協会理事、社団法人日本ペンクラブ会長(第14代)などを歴任した。

先妻は西舘代志子。後妻のユリは衆議院議員の米原昶(いたる)の娘で、エッセイスト米原万里の妹である。

長女は元こまつ座主宰の井上都。三女は2009年11月より株式会社こまつ座社長の石川麻矢。

特記事項

ひさしの三女である石川麻矢は1998年に、自らの生い立ちと家庭について綴った『激突家族 井上家に生まれて』(中央公論社)を刊行した。

2004年、文化功労者顕彰

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
井上ひさし 汚点/井上ひさし 作品/井上ひさし DV/井上ひさし 三女/井上ひさし 名言/井上ひさし の男/井上ひさし 小泉今日子/握手 井上ひさし/井上ひさし 教科書/井上ひさし 戯曲/井上ひさし 肺がん/井上ひさし 座右の銘/井上ひさし 一週間/井上ひさし Wiki/井上ひさし プロフィール/井上ひさし 略歴