追悼の森
金嬉老 元受刑者死去

金嬉老事件(寸又峡事件)
金嬉老 元受刑者 死去

2010年(平成22年)3月26日 死去 享年81歳

金嬉老元受刑者写真 

金嬉老 元受刑者死去

1968年にライフルを持った男が人質にとって旅館に立てこもった「金嬉老事件」の金嬉老(キム・ヒロ、きん きろう)元受刑者が2010年(平成22年)3月26日午前6時50分、前立腺ガンのため韓国 釜山市の病院で死去した。81歳だった。

借金返済をめぐり静岡県で暴力団組員2人を射殺し、人質を取って旅館に立てこもった。

在日韓国人だった金元受刑者は民族差別の問題を繰り返し訴えた。

無期懲役で服役した後、仮釈放されて1999年に韓国に永住帰国していた。

人物 / 略歴

金嬉老事件(きんきろうじけん)は、1968年2月20日に39歳の在日韓国人二世の金嬉老(キム・ヒロ、きん きろう、本名:権禧老(クォン・ヒロ)、1928年11月20日 ~ 2010年3月26日)が犯した殺人を発端とする監禁事件。

寸又峡事件とも呼ばれる。いわゆる劇場型犯罪の最初のケースである。

◆ 事件概要

1968年2月20日、手形トラブルが高じて暴力団から借金返済を求められた金は、暴力団員のうち2人をライフルで射殺し、翌日には同県榛原郡本川根町(現・榛原郡川根本町)寸又峡温泉の旅館で宿泊客ら13人を人質として籠城した。

金は猟銃「M300」とダイナマイトで武装していた。

88時間にわたった籠城の結果、2月24日に金は静岡県警察の捜査員によって取り押さえられ逮捕された。

金が籠城する様子はテレビ等で実況され、また金の母国である大韓民国でも大々的に報道され、金は「差別と戦った民族の英雄」として祭り上げられた。

1975年11月4日、無期懲役が確定。千葉刑務所で服役。

1999年9月に、韓国に強制送還し二度と日本に入国しないことなどを条件に70歳で仮出所。

特記事項

裁判中に刑務所内での金に対する特別待遇の実態が判明する。

看守が後に服毒自殺をしている。

帰国後は韓国政府から助力を得、釜山にて新生活を始め結婚もした。

Page Top

PCサイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
金嬉老 ビートたけし/金嬉老 画像/金嬉老事件 山根弁護士/金嬉老 母/金嬉老 ウィキペディア/金嬉老 ライフル/金嬉老 テレビ朝日/金嬉老 映画/金嬉老 寸又峡事件/金嬉老事件/金嬉老 監禁事件/金嬉老 寸又峡温泉/金嬉老 ライフル/金嬉老 プロフィール/金嬉老 略歴