追悼の森
黒岩 重吾さん死去

作家 黒岩重吾 さん死去

2003年(平成15年)3月7日 死去 享年79歳

黒岩重吾写真 黒岩重吾画像

作家 黒岩 重吾 さん死去

作家の黒岩 重吾(くろいわ じゅうご)さんが2003年(平成15年)3月7日午後1時20分、肝不全のため兵庫県西宮市の病院で死去した。79歳だった。

1961年、大阪、あいりん地区(釜ケ崎)を舞台にした「背徳のメス」で直木賞を受賞した。

社会派推理小説のほか、大阪市の西成地区に住んだ体験を基にした風俗性の強い「西成もの」の作品も多い。

人物 / 略歴

黒岩 重吾(くろいわ じゅうご、1924年2月25日 ~ 2003年3月7日)

大阪市出身。

◆ 略 歴

同志社大学法学部卒業。

日本勧業証券(現みずほインベスターズ証券)に入社。

1949年に「北満病棟記」を書き、『週刊朝日』の記録文学コンクールに入選。

1961年に釜ヶ崎を舞台にした『背徳のメス』で直木賞を受賞している。

以後、「西成モノ」を主に、金銭欲・権力欲に捕らわれた人間の内面を巧みに抉った社会派推理・風俗小説作家として活躍した。

特記事項

1970年代後半から、以前より関心のあった古代史を舞台にした歴史小説の執筆を始め、『天の川の太陽』で吉川英治文学賞をした。

◆ 受賞歴

◇1958年、第54回サンデー毎日大衆文芸賞。

◇1960年、『背徳のメス』で第44回直木賞。

◇1980年、『天の川の太陽』で第14回吉川英治文学賞。

◇1991年、紫綬褒章。

◇1992年、第40回菊池寛賞。

Page Top

PC サイト / スマートフォン

◆ A Related Words :
黒岩重吾 訃報/黒岩重吾 略歴/黒岩重吾 プロフィール/黒岩重吾 死去/黒岩重吾全集/黒岩重吾 火車/小説家 黒岩重吾/黒岩重吾 聖徳太子/黒岩重吾 署名/黒岩重吾 さらば星座/アマゾン 黒岩重吾/黒岩重吾 新刊/黒岩重吾 初版/黒岩重吾 直木賞/黒岩重吾 背徳のメス